キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

奥歯を抜歯してそのままにしてはダメ!正しい治療法まとめ

2016.5.17

みなさんは奥歯を抜歯したまま治療をやめてしまうと恐ろしいことになるって知ってましたか?

実は奥歯を抜歯すると様々な悪影響が出てしまう可能性があるんです。

今回は奥歯を抜歯することで生じる影響と治療法のまとめを紹介します。

奥歯を抜歯してそのままにしたら

みなさんは奥歯を抜歯したらもう治療は終わりと決めつけ、歯医者に行くのをやめてしまったりしてはいませんか?

確かに問題となっていた奥歯を抜歯してしまえば、あとはもう何もやることはないと思いがちですよね。

ですが、奥歯を抜歯してそのまま治療をせずに放置してしまうと、様々な影響が生じてしまうのです。

まず、奥歯を抜歯したまま適切な治療を施さずに放置した場合にどのような事が起きるのかというと、あくまで可能性の話ですが、物を噛む力が弱くなってしまったり、抜歯した反対側でしか物を噛むことができなくなってしまう可能性があります。

また、今までと歯並びのバランスが変わってしまったことで抜歯した歯の周りの歯が移動してしまったり倒れてきたり、場合によっては本来奥歯にかかるはずの力が前歯などの別の歯にかかってしまったりするようになってしまいます。

「えっ、それだけ?それならそんなに気にするほどの事でもないんじゃないの?」

なんて思った人もいるかもしれません。

しかし、これらの症状は身体に多くの悪影響を与えてしまうのです。

奥歯を抜歯してそのままにすることで身体に与える影響

奥歯を抜歯してそのままにしておくことで、口内環境に様々な変化が起きる可能性は前述したとおりです。

そして、口内環境の変化は私たちの身体の様々なところに多くの影響を与えてしまうのです。

歯並びのバランスが崩れたことで、噛む力や効率が下がってしまうと、胃腸に今まで以上の負担がかかってしまったり、噛み方のバランスも悪くなるので余計な部分に過度の負担がかかって顎関節症や腰痛、肩こり、頭痛などになる可能性があります。

噛む力や効率が下がったうえに歯が動いてしまったことで唾液の量も低下しますし、また歯と歯の間に隙間が増え物が詰まりやすくなってしまうので、虫歯や歯周病の原因にもなります。

さらに、噛む回数が減ると筋力低下により顎が細くなったりシワが増えて老けて見えたり肥満になったりする可能性が増し、認知症になってしまうリスクも上がります。

両方の奥歯を抜歯してそのままにした場合は、奥歯にかかっていた負担が全て前歯にかかってしまい、出っ歯になってしまうこともあります。

奥歯の抜歯後におこなう治療の種類

奥歯を抜歯してそのまま放置していると様々な弊害があるという事は理解していただけたと思います。

では実際に抜歯後に行う治療にはどのような種類があるのかを紹介します。

まずは抜歯部分の両隣と連結させた人工の歯を被せて補強するブリッジという治療法です。

これは違和感をあまり感じることがなく、素材によっては見た目も自然な仕上がりになります。

次に取り外して掃除をしたりすることもできる義歯です。

義歯はブリッジと違って歯を削る必要はほとんどなく、何本抜歯したとしても対応可能です。

また、たとえ壊れてしまったとしても修理をすることができるのが特徴です。

そして最後は骨そのものに埋め込みをして、そこに人工歯を取り付けるインプラントです。

これは噛んだ時の感触が元の自分の歯と変化がほとんどなく、見た目もパッと見では気づかないほどの自然な仕上がりになります。

ここまで3種類の治療法を紹介しましたが、それぞれデメリットもありますので、実施する際は医師に相談してよく考えてから選択するようにしましょう。

抜歯後そのまま放置してしまった時の対処法

抜歯後すぐに上記のような治療をしたのなら問題ありませんが、そのまま長い間治療をせずに放置をしてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

抜歯後何もしないで放置をしていても、歯並びなどに何も変化がなかったのなら問題はないかもしれませんが、周りの歯に押されて動いてしまったり倒れてきてしまったりしている場合は、一部分だけの歯を矯正して元の位置に戻してあげてから抜歯の補強を行います。

この方法をマイナートゥースムーブメント(MTM)といいます。

マイナートゥースムーブメントをしない場合は、ずれたり飛び出してしまった歯を削り取って無理やり修正することも可能ですが、たとえ今出っ張っている部分を削ったとしても、歯に他方から圧力がかかっている状態が解消されるわけではありませんので、あまりおすすめはできません。

最悪の場合は神経を取り除く必要もありますから、なるべくならマイナートゥースムーブメントである程度矯正をしてから通常の治療を施した方が良いでしょう。

抜歯をしないで治療する方法

ひどい虫歯や歯が割れてしまっている場合など、どう考えても抜歯をするしかないだろうというような状況でも、抜歯をしないで治療をする方法があります。

そのひとつがエクストルージョンという治療法です。

エクスとルージョンとは、骨に埋まっている歯の根元の部分を、両隣に取り付けたフックなどで時間をかけて歯茎の上まで引き上げて、抜歯はせずに治療をする方法です。

この方法は虫歯の進行具合や健康な部分の歯がどうなっているかによって実施できるかどうかが変わってくるので、事前にしっかりと調べる必要があります。

また、完全にダメになっているというほどの事ではなく、少し歯にヒビが入っているという程度の場合は接着剤を使って治療をすることも可能です。

もし完全に歯がひび割れてしまっていたとしても一度抜歯をしてから接着し、元の位置に戻して人工の被せ物を使って処置をするといった方法もあります。

しかし、どのような治療法を選択するにしても、歯が完全に元の状態に戻るわけではありません。

手遅れになる前にきちんと口内ケアをして抜歯しなくてはいけないような状態を保つことが大切です。

 - 健康に関する雑学