気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

大学生活で不安に思う単位の取得数が足りない場合の解決策

2016.5.7

せっかく入った大学ですが、中には不安を抱えて大学生活を満喫できない人もいます。

その不安の原因は単位の取得数です。

大学には進級や卒業に必要な単位の取得数というのがあり、規定に満たなければ留年があり得ます。

もしあなたの単位の取得数が足りない場合、その解決策についてご案内します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

専門学校で奨学金を申請する時の理由の書き方

家の経済状況によっては進学する為の学費を捻出するのが難しいなどの理由により、奨学金を申請しよう! ...

大学の卒論の発表で緊張のあまり失敗しないためにやるべき事

卒論が完成してホツとしたのもつかの間、今度は発表という壁があなたの前に立ちはだかっています。 ...

通信制大学はどのくらいの勉強時間で卒業できるのか

通信の大学では自分のペースで勉強を進められるメリットがある一方、自己管理が不得意な人はなかなか勉強が...

高校の一クラスの人数はどのくらい?世界と比べた日本の現実

高校のクラスの人数を基準に学校を選んだ人はいないでしょう。 しかし、日々生活していく上でクラス...

受験の失敗から立ち直りを決意するまで

受験の失敗というのは辛いものです。 これから最低でも1年間はこの事実と直面しなくてはいけません...

学校の友達は所属するグループ次第?恐怖のスクールカースト

学校の友達といっても多くはクラス内のグループに所属することになります。 いつ、どのように決まっ...

No Image

大学受験のために部活を辞めて勉強に専念すべき?両立の問題

大学受験を考えると部活と勉強の両立は難しいと感じる受験生は少なくないでしょう。 特に体育会系の...

高校の部活の人間関係に疲れた時に試す方法

ドラマや映画、マンガなどでも高校の部活はよく題材にされています。 先輩は厳しいけれど頼もしく、...

勉強に集中するため有効なbgm その鍵を握るのは脳波

人間は古くから、音楽を心の栄養として楽しんできました。 その音楽の力を、是非勉強にも取り入れた...

将来に不安を感じる大学生の実態とは?

見えない将来は誰だって不安ですが、特に大学生が覚える不安は、社会に対する不安です。 就職に対す...

マネージャーは部活動でどんな役割を果たすべきか

マネージャーというと熱血スポーツ根性ものの主人公を支える可愛い女の子を想像してしまいます。 で...

大学で最大の不安である友達が出来ないという不安と闘う方法

新しい生活は、当たり前ですが、今までの事実がリセットされ、新しいスタートが切れるという事です。 ...

これってバレる!?就活中の面接で、卒論の嘘は通用するか否か!

就活中は、どれだけ頑張ってもなかなか成果が出ないために、時に面接官に対して嘘をついてしまうことがあり...

英語の勉強方法を知りたい高校生に贈る、必殺英語習得方法

英語は大学受験にも必須科目です。 そのため英語の勉強は欠かすことは出来ません。 しかし、...

大学でパソコンは必要? パソコンが必要になる3つの理由

大学生になって、生協からおすすめのパソコンの案内を見ると、大学でパソコンは必要?と考えますね。 ...

スポンサーリンク

大学で単位の取得についての不安な点

中学にも高校にも単位はあるのですが、時間割は学校が考えてくれるので、その時間割通り授業を受けて、試験で赤点さえ取らなければ、進級も卒業も可能です。

しかし大学の場合は、もっとシビアです。

自分で時間割、つまりカリキュラムを作り、自分で必要な授業を受けて単位を取得しなくてはいけません。

大学にもよりますが、学生課でカリキュラムの提出時に必要な単位を足りているか確認してくれるところもあります。

もしそういった事をしていない場合は、頼んで事前に確認してもらいましょう。

せっかく1年頑張っても、もともと単位が足りてなければ全く意味のない1年になってしまいます。

また履修届は忘れずに。

これを出さずに授業を受けても、単位として認めてもらえません。

きちんと履修に必要な規定の手続きをしましょう。

一人で不安な場合は、友達同士でチェックしあってもいいと思います。

また同じ専攻の人であれば、取得する講義も似ているので参考になると思います。

大学で単位を落とす不安への対処方法

講義にきちんと出席して、真面目の授業を聞いてノートを取っていれば、大概の試験自体はそう難しいものではありません。

中学や高校と違い、暗記力を試すような穴埋め問題は少なく、記述式、論述式などのものが多いのが特徴です。

また教授によっては、試験の代わりにレポートの提出を求められる場合もあります。

ノートやテキスト持ち込み可の試験もあるぐらいです。

大学で求められるのは、基本的に理解力です。

教授の講義がどういう内容で、それをどのくらい理解しているかという事が試験として出されます。

そのため、テキスト以上に授業のノートが大切です。

もしノートが取れていないなら、友人や同じ授業を取っている人にお願いしてノートを貸してもらいましょう。

また大学は試験の内容が毎年大きく変わる事が少ないので、先輩が同じ授業を取っているならばぜひ試験の傾向を聞いておきましょう。

出席率は結構大きく成績を左右する要素です。

試験が不安な人は、欠席をせずにこういう所で点を稼いでおきましょう。

単位が足りずに大学で進級や卒業できない場合の対策

どうしても進級や卒業に必要な単位を取得できそうもない場合は、手を打たないと進級も卒業もできなくなります。

まずは、その教授の所に相談に行きましょう。

場合によっては「追試」を実施してもれえるかもしれません。

ただ多くは履修規定に記載されているように「追試」を受ける条件があります。

出席率や試験の結果が規定に満たない場合は、それすら不可になってしまうので、極力欠席はせずに、苦手でもできるだけ試験問題は埋めておきましょう。

また「成績の異議申し立て」制度を利用する方法もあります。

教務課に行って規定の手続きをすれば、教務課経由で教授に成績の見直しをしてもらえます。

ただ、この制度を利用して単位を本当に取得できるのはごく少数のケースのみです。

ダメ元ぐらいの気持ちで試してみてもいいでしょう。

ただこの異議申し立ても期間がありますので、期間中に手続きが必要です。

最終的な単位の認定は教授にあります。

もし内定などが決まっているケースの場合は、そこをアピールして教授に泣きつきましょう。

大学の単位取得で不安にならないために

どの学生も極力受ける講義を減らして最低限の単位で卒業できるように考えて履修しがちですが、実際すべての単位を必ず取れるという保証はありません。

多少落としてもいいように、少し多めに講義を履修するほうが安全です。

また、必要な取得単位の中には、比較的簡単に単位を認定してくれる教授の講義というのが必ずあります。

先輩などから情報を得ておいて、興味がなくても簡単に取得可能な講義を履修するのも一つの手です。

また、大学によっては他大学との単位互換協定に加入しているケースですと、通っている大学以外で取得した単位を認められます。

eラーニングの授業も認められる場合もありますので、是非活用しましょう。

ただしこれも事前に教務課などに履修に必要な手続きが必要ですので忘れずに。

他にも資格を取得する事で単位として認められるものもあります。

これも教務課にて特定の期間に手続きを取る必要があります。

どういったものが認められるか、必ず自分の大学の教務課に確認してください。

大学の規定の単位が取得できない不安を解消するために

高校生と違って、大学はすべて自分で決めてやらなくてはいけないので不安に思う人もいるでしょう。

また、いくら入るのには難しく、卒業は楽にできると言われている日本の大学ですが、それでもそれなりに授業に出席して理解していないと、テキストだけの勉強で試験を乗り切れるほど大学の勉強は楽ではありません。

テキストは形だけで講義ではあまり利用されず、教授が講義で説明した内容が試験に出ることもしばしば。

大学で単位が取れるか不安な人は、欠席しない事が大切です。

また極力授業数を減らしたいとみな考えるものですが、保険の意味もかねて、少し多めにとっておくのがポイントです。

1年、2年にできるだけ単位を取得しておけば、3年、4年は気楽な大学生活を送ることも、就活に専念することもできますので、オススメの履修方法です。

どうしても必要に単位を落としてしまった場合、追試やレポートにて対応してもらうために教授に相談するしかありませんが、ここでも出席率というのは大きな要因となります。

やはり単位取得の確実な方法は、真面目に講義に出る事です。

是非参考にしてください。

 - 学校・勉強に関する雑学