気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

大学の卒業式には振袖を着て出たい人のための着こなし術

2015.10.7

女子大学生にとって卒業式には袴というのが定番でした。

ところが、最近になって卒業式に振袖を着て出たいという人が増えてきました。

でも、振袖は着こなしが難しいと悩んでいる人も多いでしょう。

今回は、そんな人のための着こなし術を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一人暮らしをしていてつらいと感じることもあ...

資格試験で確実に合格するための勉強の仕方

資格を取得しようと思ったら試験に合格しないといけません。 でも、資格試験の勉強ってどうやってや...

大学に行くべきか否か、進路で悩みを抱えている高校生へ

高校生にもなると、ただ大学へ進学という進路ばかりではありません。 下手をすると将来に直結する選...

高校の部活動におけるマネージャーの役割ってどんなもの?

フィクションの世界とは異なり、現実の高校の部活におけるマネージャーの立ち位置は、決して華やかなもので...

通信制大学はどのくらいの勉強時間で卒業できるのか

通信の大学では自分のペースで勉強を進められるメリットがある一方、自己管理が不得意な人はなかなか勉強が...

No Image

大学受験のために部活を辞めて勉強に専念すべき?両立の問題

大学受験を考えると部活と勉強の両立は難しいと感じる受験生は少なくないでしょう。 特に体育会系の...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です。 頭では、遊びより勉強を優先して...

大学の課題を出さないと単位は取得できないの?

大学は勉強する場と分かっていても、つい誘惑に負けて遊んでしまうこともあるでしょう。 そうなれば...

専門学校で奨学金を申請する時の理由の書き方

家の経済状況によっては進学する為の学費を捻出するのが難しいなどの理由により、奨学金を申請しよう! ...

高校の校章をどこにつけるの?校章の正しい位置について

高校の制服を購入し、さて明日が入学式。 準備をしていて、ふっと気づく。 「あれ?校章の位...

高校受験の勉強はいつから始めるべきかについての考察

高校受験の勉強はいつから始めるべきか? 早ければ早いに越した事はありません。 でもいくら...

先輩が引退!泣く人と泣かない人、どっちが普通?

先輩が引退するとなると、引退式で泣く人もいれば、泣かない人もいます。 また泣いちゃいそうだけど...

中学生で勉強ができないと悩む子の共通点と対処法

中学生になって勉強についていけなくなったり勉強ができない事に悩んでいる子もいると思います。 わ...

高校の部活の人間関係に疲れた時に試す方法

ドラマや映画、マンガなどでも高校の部活はよく題材にされています。 先輩は厳しいけれど頼もしく、...

将来に不安を感じる大学生の実態とは?

見えない将来は誰だって不安ですが、特に大学生が覚える不安は、社会に対する不安です。 就職に対す...

スポンサーリンク

大学の卒業式に振袖を着るのはマナー違反か

卒業式に振袖を着て行こうと考えている人がまず気になるのは、多くの人が袴を着て行くなかで振袖を着るのはマナー違反になるのではないかということでしょう。

では、それはマナー違反になるのでしょうか?

振袖は、未婚女性の正装なので問題はありません。

卒業式に振袖を着て行こうと考えている人は安心してください。

ただし、結婚している場合は問題になるかもしれませんが…

多くの人にとって袴は、卒業式にしか着られないので、そうする人が多いでしょう。

もっとも、教員になれば生徒の卒業式に着る機会はあるかもしれませんが。

卒業式は、それでいいでしょう。

でも、その後でみんなで飲みに行く謝恩会はどうでしょうか?

そのまま、振袖や袴姿で店に行くのでしょうか?

気にならない人は、それはそれでいいかもしれませんね。

しかし、もしスーツに着替えようと思っている人は注意した方がいいことがあります。

それは髪型です。

謝恩会はスーツに着替えたいと思っている人は、スーツと振袖とに合う髪型にセットしてもらうといいでしょう。

そうすればどちらの姿でも違和感がなくなります。

卒業式に袴ではなく振袖にした人の理由

ここからは、袴ではなく振袖で卒業式に出席した人の話を紹介します。

まず気になるのが、実際に振袖で卒業式に出席した人数でしょう。

彼女の場合、振袖姿は2人。

そして、スーツ姿は1人。

こうして見ると、まだ振袖派はごく少数で、圧倒的に袴派が多いことがわかります。

なぜそうなるのかは、先に説明したように多くの人にとって袴を着る機会は一度しかないこと、卒業式は袴というイメージが定着していることがあげられるでしょう。

では、なぜ彼女は袴ではなく振袖にしたのでしょうか?

いくつか理由があるなかで一番の理由として、袴に特別な憧れがなかったこと、成人式用に買った振袖がたいへん気に入っており、それ以来着る機会がなかったことをあげています。

たしかに、袴もそうですが、振袖も多くの女性にとって成人式以外に着る機会はほとんどないでしょう。

そう考えれば、卒業式は振袖を着るまたとない機会だといえるでしょう。

しかも、結婚してしまえば振袖を着る機会もなくなってしまいます。

大学の卒業式には振袖を

卒業式に袴を着るようになったのは、今を遡ること明治時代の頃から女学校の教員や女学生が袴を着るようになった影響を受けていると考えられます。

もう一つ考えられるのは、漫画の「はいからさんが通る」の影響です。

特に南野陽子が主演を演じた映画の影響も強く表れているのでしょう。

ちなみに、南野陽子演じる主人公は袴にブーツ姿でしたね。

その影響もあって、多くの人は卒業式は袴でと考えているでしょう。

もちろん、それはそれでいいでしょう。

でも、卒業式にはみんなとは違う格好をしたいと考えている人は少なくないでしょう。

そんな人におすすめしたいのが振袖です。

これなら、周りと一味違います。

しかも、袴に比べてより華やかさを演出することができます。

さらに、色や柄も豊富に揃っています。これなら、きっと周りの注目を浴びることでしょう。

先に説明したように、振袖は未婚女性の正装です。

成人式だけじゃあもったいないと考えている人、この機会に振袖を検討されてはいかがでしょうか?

失敗しない大学の卒業式

ここからは、卒業式に前にしておくべきことをいくつか紹介します。

まず、早めに済ませておくべきこと。

着付けの上手な美容室を選び、少なくと3ヶ月前には予約しておくこと。特に振袖の場合は重要です。

1週間前には済ませておくべきこと。

防寒対策

卒業式のころはいわゆる“花冷え”で意外と寒いものです。

また、草履を履く人はその対策もしておいた方がいいでしょう。

着崩れ対策

帯がほどけてきたときなどの、応急処置を知っておいた方がいいでしょう。

雨対策

一生に一度の卒業式が晴れるという保証はどこにもありません。

雨具やタクシーの手配などをしておくといいでしょう。

前日までに済ませておくべきこと。

振袖を着て歩く練習

多くの人にとって振袖を着る機会はほとんどないでしょう。

そうすると、当然それを着て歩くこともない。

いつものように歩くとちょっと格好が悪いものです。

卒業式が終わって謝恩会がある人は、着替えを持って行けば移動や2次会も楽になるでしょう。

美容院に持って行く小物のチェック

事前に準備しておかないと大切な物を忘れてしまうことにもなります。

マニキュアは前日に塗る

当日だと焦ってしまうし、第一乾かない。

大事な振袖にマニキュアがついたら大変なことになってしまいます。

卒業式での振袖姿を上手く撮ってもらう方法

最後に、一生の記念になる卒業式での振袖姿を上手く撮ってもらう方法を紹介します。

・目に力を入れて歯を出すと可愛く写ります。
・襟元が乱れているとだらしない印象を与えてしまいます。
・背筋はピンと伸ばし、ひざ頭をつけて、片足を少し後ろに引くといいでしょう。

ここからは人数別のポイント。

一人撮りの基本は、片手で袖を持つこと。

こうすると、おしとやかさが演出できます。

また、両袖を広げて片膝を内側に曲げるのもいいでしょう。

こうすると、お茶目な印象になります。

二人撮りの場合は、斜めに構えて左側の袖が見えるようにするといいでしょう。

三人撮りの場合は色々と考えられます。

まず、それぞれの役割を決めてポーズを取る。

この時、3人の顔をぐっと近づけるといいでしょう。

また、着物の柄も見えるように気をつけましょう。

次は、卒業式に欠かせない“ジャンプポーズ”。

この時、笑顔を忘れないのも一つのポイントといえるでしょう。

ただジャンプするのではなく、凝った演出をすることも可能です。

 - 学校・勉強に関する雑学