気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

冷蔵庫の温度調整で故障を予防!エコにもつながる!

2015.12.19

毎日使う冷蔵庫が故障!!

そんな経験、ありませんか?アイスクリームは溶けちゃうし修理屋さんはなかなか来ない…

上手に温度調整して、長く大切に使いましょう。

節電にもなって家計も助かる方法があるんです!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ピアノの防音対策は部屋の状況にあわせて行いましょう

誰もがあこがれるピアノの演奏。 しかし、それには毎日の練習が欠かせません。 そして気にな...

海外から見た日本文化の不思議 外国人はここに驚く

日本に住み、その文化に馴染んでいれば気がつかないことでも、海外からやってきた外国人にとっては驚きの連...

新築で平屋を建てる前に先輩たちの失敗談を聞きましょう

新築で家を建てるとき、移動や掃除が楽という理由で安易に平屋を選択すると、後になって後悔する場合があり...

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家の暮らし

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常にお金が必要です。 主に家計を支えて...

部屋の掃除をどこからすれば良いか悩んでいる人へ

あなたのお部屋はいわゆる「汚部屋」ではありませんか? でもある日そんな「汚部屋」から脱出を図り...

エアコンで結露する仕組みが理解できればその原因もわかる

夏にエアコンを入れると結露することがあります。 それはなぜでしょうか? 結露のもとは水蒸...

男性の趣味でドン引きされるのってどんなの?その対策は?

数ある男性の趣味の中でも、知られるとドン引きされる趣味ってどのようなものでしょうか? また、そ...

階段の上り下りが怖いと思った時の原因とその対処法

階段の上り下りが怖いと感じる人は少なくありません。 それは膝に問題を抱えている人もそうですが、...

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

結婚式の花束贈呈にかかる費用の相場

結婚式では両親への花束贈呈が欠かせません。 でも、気になるのがそれにかかる費用。 参列者...

元旦には風呂に入らない?謎の風習の意外な理由

知っていますか?元旦にお風呂に入らないという風習があります。 意外に知られていないのは当然。 ...

アパートの騒音を気にしない人をどうにかしたい時に

アパートで騒音がして、気になって仕方ないことってありますよね。 隣人や上の階に暮らしているのは...

お風呂の簡単キレイな掃除方法、悩みの種の蓋対策を紹介

お風呂掃除は毎回していても、カビと水垢との闘いです。 ここでは基本は放置するたけで、簡単キレイ...

夏のモテコーデとは?チノパンを使いこなして暑い夏を快適に

夏のデート。コーディネイトで悩んだことありませんか? 日々スーツを着ている男性は、それだけでデ...

友人の結婚式に欠席する場合、お祝いはどうすれば?

友人の結婚式の欠席する時、悩むのはお祝いです。 あげるべきか、あげないべきか。 あげると...

スポンサーリンク

冷蔵庫の霜降りが故障の原因になることも!

冷蔵庫は毎日何度も開け閉めをしますね。

ちょっと小腹が空いたな…なんて食べ物を探していると、お目当ての食べ物が霜降りになっていた…なんてことはありますよね。あれはショックです。同じ霜でも霜降り牛肉ならよかったのに・・・

冷蔵庫の中に霜ができるのは、開けたときに入り込んだ空気が冷えて水滴となりやがて凍るためです。

何か飲みたいなー、夕飯は何を作ろうかなー、なんて長時間扉を開けていればいるほど、庫内に冷えてない空気が入り込みむので、霜ができやすくなるというわけなんです。

当然、温度が上がってしまった庫内を冷やすために電力もたくさん使いますから、電気代もかかります。

最近の冷蔵庫には、霜対策機能がついているものも多くあります。冷蔵庫内の水分を蒸発させる機能がついていたりして、昔と比べれば、霜のつく頻度はグンと減りました。それでも、水分を完全に取り去る事は難しいですね。

冷蔵庫の霜降りは故障の原因にもなりかねません。冷蔵庫の霜降りを防止して、長く大切に使っていきたいですよね。私たちでも気をつけられることがいくつかありますよ!

冷蔵庫の霜降りは、上手な温度調整で防止!

日頃からの簡単な心がけで、冷蔵庫の霜は予防することができます。ポイントは3つ。

1つめは、扉の開け閉めを最小限にとどめること。

冷蔵庫にある野菜やお肉をメモに箇条書きしておいて冷蔵庫に貼っておけば、冷蔵庫を開けっ放しにしながら夕飯のメニューを考える・・・なんてことはしなくてもよくなりますね。

メモは面倒だな、という方は、冷蔵庫の中に住所を決めておく、というのもよいですね。

お肉はこちらに、常備菜はこちらに・・・といった具合に、いつも置く場所を決めておくと、取り出すときに探さなくてもよくなります。

2つめは、買ってきた食材をギッチリと詰め込まないこと。冷蔵庫の中の空気は対流しています。ものがギッチリ詰まりすぎていると、全体の空気が冷えるのに時間がかかり、霜の原因になります。冷蔵庫はゆったり収納を心がけましょう。

3つめは、濡れたまま食べ物やタッパーを入れないこと。先述のとおり、水滴が霜の最大の原因になります。サッとひと拭きしてから食べ物を冷蔵庫に入れる週間をつけたいですね。

霜がついちゃった!どうしよう?!3

では、ついてしまった霜はどのようにすればよいのでしょうか。

まず、冷蔵庫そのものに除雪あるいは除霜機能がついている場合がありますので、ご自宅の冷蔵庫を確認してみましょう。

次に、実際についてしまった霜をどうすればよいか・・・

食品に霜がついてしまった場合はどうでしょう。
取り出して拭き取るか、あるいは溶けるのを待ってからよく布巾で水分を拭うことで元に戻せます。とはいえ、霜がついてしまったことにより、美味しさが半減してしまう場合もありますので、やはり予防は欠かせません。

庫内の霜には思い切った冷蔵庫の大掃除が必要です。一度中身を全て取り出して冷蔵庫の電源を切り、水分と、水分のつきやすくなる原因となるゴミやほこりを取り除きましょう。その際に、キッチン用アルコールをシュッとした布巾でふき取ると、汚れも落ちやすく殺菌効果もあり、オススメです。年末の大掃除と食中毒の気になる初夏のころと決めてやれば、年に2度の霜防止対策になりますね。

ヘラなどで霜を削り落とすことしたらどうだろうと思いがちですがやめておきましょう。冷蔵庫そのものを傷つけてしまう場合があり、小さな傷に霜がつきやすくなるだけでなく、保冷効果を失うこともあり、最悪の場合、完全に故障してしまうこともあります。

掃除が済んだら、調湿のために木炭や炭などを隅にいれておくのもよいでしょう。炭には調湿効果だけでなく、防臭・殺菌効果もあり一石二鳥ですね。
冷蔵庫の中身の整理整頓もついでにやってしまいましょう。長く眠っている食品は霜もつきがちです。

故障の防止にもうひとつ!製氷機能、使ってますか?

夏の冷たい飲み物に欠かせない氷。茹でた麺類をしめたり、料理の際にも便利ですよね。
最近の冷蔵は自動製氷機能がついているものが多く、いつでもたくさんの氷を用意しておくことができますよね。
ただ、冬場は使ってないな・・・という方も多いのではないでしょうか。

冷蔵庫の自動製氷機能を使っていないときには、思い切って製氷機能を停止させておくことをおすすめします。実は氷を作っていないときにも製氷機能のセンサーは動き続けており、無駄な動作を繰り返している場合があるのだそうです。これもまた、冷蔵庫の故障の大きな原因になります。節電にもなりますし、夏が終わったら製氷機能を停止するのもよいかもしれませんね。操作方法はご自宅の冷蔵庫の説明書で確認してみてくださいね。

また、この自動製氷機能も、こまめなお掃除をすることでも故障を防止することができます。製氷機能の給水タンクや外せるパイプはこまめに洗い、フィルターの掃除も忘れずにやりましょう。

冷蔵庫を見直せば生活も変わる??!温度調整をして暮らしのバランスも整えよう

食べ物を保管してくれる冷蔵庫は、毎日の生活に欠かせません。
日頃の整理整頓とたまのお掃除で、いつもきれいに使いたいものです。

風水でも、冷蔵庫の中をきれいにしておくと金運がよくなるといわれているくらいなんですよ!そういえば宝くじを冷蔵庫に・・・なんて話も聞いたことがありますね。

余分な食べ物を買わないで、冷蔵庫の開け閉めを最小限にとどめることは、節約、節電、食生活の見直しにもつながります。ついつい買いすぎて「食べなきゃ」いけなくなるなんて、お財布にも体にもよくないですね。

冷蔵庫から、ご家庭の生活習慣が見えるともいえますね。
食べ物は美しく整頓されていますか?霜は降りていませんか?汚れがこびりついていませんか?

最後に節電の面からもうひとつだけ。
冬場は温度調整機能を「弱」に設定しておくのもオススメです。気温が低いので、冷蔵庫の中を冷やすのにもそんなにパワーが必要ありません。

上手に使って、電気も食べ物も、そしてモチロン、冷蔵庫も大切にしたいですね。

 - 暮らしに関する雑学