気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

保育園や幼稚園、複数の園を併願して受けることは可能?

2015.12.12

子供がある程度大きくなってくると、親として考えなければならないのが、保育園や幼稚園に通わせるかどうか、です。

が、いざ通わせたいと思っても、入園方法が難しかったり、倍率が高くて入れない可能性が否定出来ないのが問題ですよね。

こんな時、複数の園を併願することは可能なのでしょうか?またその時のデメリットはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

赤ちゃんの夜のオムツ替え。悩めるママにおススメ方法を紹介

赤ちゃんも2〜3か月になると、生活のリズムも出来上がってきます。 さて赤ちゃんが大人しく寝てく...

子供が友達の家にお泊まり! 招かれた側の注意点とは?

小学生にもなると、子供は自分の意志で友達をつくり、楽しく遊ぶようになります。 それはとても喜ば...

新生児と添い寝はベッド?布団?添い寝の時期や注意点

新生児と添い寝をするとなると、時期はいつからいいのか? 寝具はベッドがいいのか布団がいいのか?...

子供のためになる貯金方法 口座名義には気を付けて!

子供が生まれると「この子の将来のために」と貯金を始めたいと考えるパパママはとても多いと思います。 ...

幼稚園の年少で言葉が少ない子の場合、発達障害の可能性

幼稚園の年少は個人差があります。 でも、他の子供と比べて余りにも言葉の発達が遅いと、発達障害の...

妊婦に最適な運動とは?散歩がてらのウォーキングがオススメ

妊婦は体が安定すれば、運動を勧められます。 一番簡単に始められる運動は、やはり「ウォーキング」...

離乳食で納豆を食べない子に納豆を食べさせる厳選レシピ

離乳食のレシピ本を見ると結構納豆を使ったレシピが多いです。 しかし大人でも好き嫌いが別れる食べ...

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。 赤ちゃんにとっても、ママにとっても...

発達障害の子供に幼稚園が加配を付けてくれるか知りたい

発達障害の子供を持つ親は、幼稚園で先生が目を離した隙に、何かあったらと考えると、心配が尽きません。 ...

育児のストレスで病気になったときの症状と対処方法について

育児は楽しい事もありますが、その反面とても大変です。 何せ相手は言葉が通じないのですから。 ...

畳の部屋に子供の為にマットを引きたい時のコツと選び方

畳の部屋にわざわざマットを引く必要はありませんが、 子供や特に赤ちゃんがいるご家庭では様々な理...

冬のお出かけに!エルゴの抱っこ紐でおんぶした時の防寒対策

エルゴの抱っこ紐と言えば、ママの必須アイテムのひとつです。 いよいよ冬到来、でもお出かけはしな...

妊娠7ヶ月ってどんな時期?お腹が目立たないけど大丈夫?

妊娠7ヶ月は24〜27週。 初めての妊娠でも、赤ちゃんの動きや妊娠生活にも慣れ、精神的には落ち...

子供を二人、同時に寝かしつけられる4つのポイント

お母さんは子供を二人いる場合、毎日寝かしつけなくてはいけませんが、下の子が赤ちゃんだった場合、上の子...

子供の友達が毎日ウチにだけ遊びに来る時の心得と対処の仕方

幼稚園や学校帰りに毎日子供の友達が遊びに来て賑やか。子供もとっても楽しそう。幸せを絵に描いたような構...

スポンサーリンク

何とか子供を保育園か幼稚園に通わせたい 併願って可能?

各家庭の教育方針にもよりますが、現代では両親共働きの家庭が増えていることもあり、対象年齢の子供を保育園、ないしは幼稚園に預けることが一般的になっています。

保育園も幼稚園も、子供の成長――特に社交性を伸ばす場所として最適ですし、両親にかかる育児の負担が減らせる、働きに出ることが出来るため、利用できるなら是非、と思うのも当然でしょう。

ただ、保育園も幼稚園も、申請すれば誰しも簡単に入れるものではありません。

特に大都市圏では待機児童が多いことが知られていますし、人気のある園は入試や抽選などが行われ、あぶれてしまう可能性もあります。

こうなると、子供を通わせつつ自分は就職・復職したいと考えている親にとっては、まさに死活問題です。

そうならない為に、よく取られる方法というのが、”併願”です。

ただ、保育園と幼稚園を併願で申し込む場合、気になるのが相手――つまり園側の心象ですよね。

併願することで心象が悪くなり、面接で落とされてしまうのではないか、気になる親御さんは多いことでしょう。

実際、保育園と幼稚園を併願することに、リスクなどはあるのでしょうか?

そもそも保育園と幼稚園って一体何が違うの?

ここで、まず保育園と幼稚園の違いについて見てみましょう。

どちらも漠然と”未就学の子供が通う場所”というイメージがありますが、根本的な成り立ちからして異なります。

保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省とそれぞれ管轄が異なります。

これが実は、とても重要なポイントです。

単に担当部署が違うだけ、ではありません。

保育園は「保護者の委託を受けて、保育に欠ける子供を保育する」ことを目的にしています。

少し乱暴な言い換えになりますが、つまり”子供を親の代わりに見守る場所”です。

幼稚園は「適した環境下で幼児を保育士、心身の発達を助長する場所」で、”子供が成長するために学ぶ場所”と言い換えることができます。

他にも対象年齢・施設名称・保護担当者の資格にも、それぞれ違いがあります。

保育園:0歳〜小学校入学前まで/児童福祉施設/保育士
幼稚園:(一般的に)満3歳〜小学校入学前まで/学校/幼稚園教諭

この違いを理解していないと、行事の違いやPTAの役割分担、保育士・先生との齟齬などが出てきてしまいます。

保育園と幼稚園、入園方法の違いは何?

まず保育園の入り方ですが、無認可園を除き、ほとんどの保育園は自治体の役所において申し込みを行うことになります。

その際、両親の勤務状態や家庭環境などを吟味して得点を付けて、これを基準に選考するする”係数形式を取っている自治体が多い様子です(ただ、年齢の低い子供や、激戦区のような場所では、この係数形式により選考から漏れる子供も少なくないため、社会問題になっていますね)。

もし入園を希望する場合は、児童数に空きさえあればいつでも入園できます。

対して幼稚園はというと、その多くが前年、つまり通いだす前年の9月から10月に入園願書の配布や説明会が行われるようです。

10月に入ると願書の受け付けが始まり、その後面接を経て、最終的に内定が決まり入園手続きが始まるのが11月、そうして晴れて翌年4月に入園…というのが一般的な幼稚園の入園方法です。

公立か私立かによって、願書の受付方法や面接の内容、試験的なものがあるかどうかも変わってしまうので注意しましょう。

お目当ての幼稚園に対する情報収集と面接対策を、早めに始める家庭は(特に私立では)多い傾向があります。

保育園と幼稚園、併願することでデメリットはある?

では、実際に保育園と幼稚園、どちらかに入園したい時、併願であることを伝えると不利になってしまうのでしょうか?

まず、行政的な視点から見ると、併願することでデメリットはない”はず”です。

が、その幼稚園が私立で、かついわゆる”お受験”を必要とするほどに人気だった場合には、先に「併願をしないでほしい」という旨の通達があるのだとか。

こうした園の方針であるならば、併願であることを伝えるのはおろか、そもそも併願は考えないほうがよいでしょう。

併願が可能だった場合、留意したいのが「入園金」などの支払いについてです。

併願した保育園や幼稚園の内定の連絡が、同時期に来るのであればいいのですが、発表時期に間があると、一方の入園金などの支払い時期を過ぎてしまう可能性があります。

一度支払った入園金は、どんな理由でも返金されることはほぼありません。

まして併願していた別の園に入園したいから、という理由での返金は受け入れられないと覚悟しましょう。

むしろ”併願お断り”でない園ならば、併願することを先に伝えることで、入園金の支払いの猶予を貰える場合もあるようです。

どちらにしろ、入園説明会で直接聞いてみたり、すでに子供を通わせている”先輩”に聞いて園の方針を確認するのがいいでしょう。

子供を通わせる園選び 何を基準にすればいいのか…

先に触れた通り、保育園と幼稚園、それぞれどちらに子供を通わせるべきか、親の立場としてはじっくり考える必要があります。

時に”親のエゴ”に無理矢理子供を付きあわせてしまう家庭も、残念ながら存在します。

子供が通いたくないと思っている園に、親の見栄のためだけに通わせることは、絶対に避けましょう。

保育園・幼稚園選びの基準とすべきことは、まず第一に”自分の子供に合った園であるか”です。

例えば物静かで本を読むのが好きな子供を、外遊び推奨・スポーツ重視の園に通わせて活発にしたい!と親は考えがちですが、それは本当に子供のためになっているのか、もう一度立ち止まって考えてみましょう。

続いて、親子共々”通いやすい園であるか”も忘れてはいけません。

雨の日も雪の日も、毎日通う場所になるのですから、子供にも、送迎をする親自身も無理なく通える範囲で考えましょう。

保育園や幼稚園選びに困ったら、まずは体験入園や周囲の口コミから情報収集をし、自分の子供に適している園を選んであげられるようにしましょう。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学