気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

保育園と幼稚園 学力の違いについて

2015.12.12

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。

もし学力に差が出るようなら、小学校で苦労するかもなんて考えていませんか?

ここでは保育園と幼稚園の違いや、学力の有無について解説します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

3ヶ月までの体重増加量 赤ちゃんは順調に成育してますか?

育児中のママさんが気にするのは、やはり母乳を飲む回数と飲む量でしょう。 我が子が順調に成育して...

A型とB型の両親から生まれてきた子供は何型になるの?

一般的に、A型とB型の両親から生まれてきた子供の血液型はA型かB型になると思われているのではないでし...

子供が睡眠中にあくびをするのは、普通の事?

子供が睡眠中にあくびをしているのを目にすると、親は不安に思います。 何故ならあくびは眠い時にす...

幼稚園の付き合いが面倒。行事は特に嫌!どう乗り切る?

子どもが幼稚園に入ると、お母さんたちも新しい社会生活がスタートします。 行事は特にグループや派...

卒乳の時期、平均はどれぐらい?無理なく卒乳する方法は?

赤ちゃんが成長し、1歳を迎える当たりになると、お母さんにとって気になりだすのが”卒乳”の時期なのでは...

産後のママの心配!体重は退院時にどのくらいまで減らせるか

産後のママにとって、気になるのは体重です。 早く体形を戻したいと切望するのは女性として当然の心...

発達障害の子供が幼稚園で迷惑か心配。どうすればいい?

自分の子供が発達障害だとしたら、心配事が一杯です。 幼稚園で先生に迷惑をかけていない?お友達に...

誕生日には子供が大好きなご飯でお祝いをしてあげよう!

大人になるとそうでもないのですが、子供のころに迎える誕生日は1年に1度しかない大イベントです。 ...

子供の将来が不安な時にこそ試してみよう

親になると初めてわかるという子供の将来を不安に思う気持ち。 現代社会は親が不安に思う要素が一杯...

冬のお出かけに!エルゴの抱っこ紐でおんぶした時の防寒対策

エルゴの抱っこ紐と言えば、ママの必須アイテムのひとつです。 いよいよ冬到来、でもお出かけはしな...

自分の赤ちゃんの成長が遅いと悩んでいるママさんへ

ママさんにとっては自分が産んだ赤ちゃんは何より大切なもの。 そして、気になるの我が子の成長でし...

赤ちゃんを抱っこして車に乗るのは法律違反!罰則もあり

赤ちゃんを抱っこしたり抱っこ紐で固定して車に乗車するのは、法律違反という事はご存知ですか? 実...

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。 赤ちゃんにとっても、ママにとっても...

お寺に子供を預ける親の心理について

お寺で生活すると「修行」して、人間的に成長できるというイメージがあります。 そのため最近は、手...

離乳食で納豆を食べない子に納豆を食べさせる厳選レシピ

離乳食のレシピ本を見ると結構納豆を使ったレシピが多いです。 しかし大人でも好き嫌いが別れる食べ...

スポンサーリンク

保育園と幼稚園の違いについて

保育園と幼稚園の違いとは何でしょうか?簡単に言えば目的が違うのです。

保育園は、家庭で何らかの事情(両親が働いている、家族に介護が必要等)で子供を家で一定時間を保育できない場合、家庭に代わって保育してくれる場所です。

幼稚園は、小学校前の子供が入学前に社会性を身に付けたり、いろんなことを学ぶための教育機関です。

目的が違いますから、管轄している役所も当然別です。

保育園は厚生労働省で、幼稚園は文部科学省です。

一言で表せば、保育園は家庭の延長、幼稚園はプレ学校だと思ってください。

とはいえ、最近はこの縦割り行政の悪しき習慣をなくして、保育園と幼稚園の一元化を図る動きがあります。

いわゆるこども園というものです。

そもそも保護者の就労形態によって、子供の預かり先を変更するという事を辞めて、親の就労形態に関係なく、子供に同じ保育や教育の機会を設けようという目的です。

もちろんその背景には、待機児童問題があります。

保育園と幼稚園の学力に違いは出るか?

先の説明ですと、保育園は子供を時間まで預かってくれるだけで、幼稚園は小学校に入る前に勉強をさせてそうなイメージがありますが、実際はそうではありません。

幼稚園での教育内容は、幼稚園教育要領の中で決められています。

しかしその内容といっても「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」、「表現」についてということでざっくりしていますので、ひらがなや算数、英語を教えるとは決まっていないのです。

つまり、保育園や幼稚園という形態による学力差はありません。

あるのは保育園や幼稚園の個別のカリキュラムの違いです。

外国人の先生に英会話を教えてもらう保育園もありますし、あえて勉強をしない幼稚園もあります。

保育の面も同様です。

幼稚園に行く子が、自分でお着替えやトイレがいけないと、幼稚園に入れてもらえないのでは心配している親御さんもいらっしゃいますが、実際は、それで入園を断られることはほとんどありません。

幼稚園に入ってからでも徐々にできればいいという方針の幼稚園もたくさんあります。

幼稚園と保育園の選択について

例えば自分の近所に幼稚園と保育園があって、両者を見学してカリキュラムを見た結果、保育園の方がいいと考えて保育園に入れようと思っても必ず入れるわけではありません。

何故なら保育園には入園条件が幼稚園よりはるかに厳しいからです。

つまり、家庭では保育に欠ける要件が必要なのです。

細かい規定は自治体によって相違しますので、大きな部分での説明となります。

例えば、両親が働いている場合(自営業を含む)や保護者が病気やけがなどで保育できない場合、災害にあった場合、家族を介護しなくてはいけない場合とかです。

また就労目的の通学や、求職活動中も用件を満たしてはいるのですが、実際は保育園に子供を入園させるのは難しいと思われます。

というのも、保育に欠ける事情によって優先順位が決まりますので、就労目的の通学や、求職活動中はその優先順位はかなり低いのが実情です。

待機児童がいる現状では優先順位の低い子供が、保育園に入る確率は限りなく低いのです。

子供の学力に差が出るのは?

子供のやる気と家庭での取り組みです。

いくら幼稚園や保育園で勉強をさせようとしても、本人に興味がなければ身に付くことはありません。

逆に子供は好奇心の塊なので、自分が興味を覚えた事に関しては、素晴らしいやる気と記憶力を発揮します。

かといって、家で勉強の時間を設けて、子供に勉強を課しても身に付くとは限りません。

要はいかに子供の興味をひけるのかなのです。

例えば好きなキャラクターの名前や、必殺技などはびっくりするぐらい覚えたりします。

ベネッセの子供ちゃれんじのしまじろうや、アンパンマンなどは、子供に絶大な人気を誇っています。

彼らの人気を背景とした知育系の教材やDVDなどはたくさん出ています。

それを見たり、使ったりすることでひらがななどが読めるようになったり、書けるようになったりします。

またいっしょにお買い物にいって、お母さんから数の概念を習ったり、お父さんとお風呂に入って知育系の教材を使って、ひらがなを教えてもらったりと、それで身に付くこともあるのです。

幼稚園や保育園の子供に学力は必要か?

確かに小学校入学前にひらがなが読めたり、数字の意味が分かっていれば、その分勉強は楽になります。

しかし、必死になって身に付けなくても、何か障害を抱えていない限り、小学校に行けば、いずれひらがなやカタカナは読み書きできるようになりますし、当然算数もできるようになります。

小学校入学前の優位さなど、半年もたたないうちに均されてしまいます。

早くひらがなが読めるようになったからと言って、ノーベル賞を取れるわけでもないのです。

だから子供に無理やり勉強させるよりも、その時でしかできないことに時間を費やしてあげたほうが何倍も子供の人生が豊かになります。

幼少期には幼少期にしかない感性があり、その感性をひらがなを無理矢理学ばせることに費やしてしまうのはもったいなくありませんか?

もちろん子供が楽しんで勉強している分には問題ないのですが、「他の子はもう読めるのに〜」と焦って無理やり勉強させても子供のためにはなりません。

逆に勉強嫌いになってしまいます。

焦らなくてもそのうち読めるようになりますので、どーんと構えるのも、親の役目だとおもいます。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学