気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

会社で経理を任された! 初心者が勉強すべきことは何?

2015.10.24

突然、会社からの辞令で経理に配属されてしまった!と慌て、不安に駆られていませんか?

確かに、経理は会社の中でも特殊な業務。

そして正確な仕事が求められるため、プレッシャーもあるでしょう。

そんな経理初心者は、どんな勉強をし、仕事に向きあえばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

《会社ではナシ?》風邪をひいたらマスクを着用すべきか

冬になると大流行するインフルエンザやノロウイルス。この時期は風邪もひきやすくなり、道行く人はみんなマ...

転職で最終面接後に連絡が来ない場合ってこんなとき

転職のための最終面接も終わって一安心。 しかし待てど暮らせど連絡が来ない。 いわゆる生殺...

仕事でクビを覚悟するような大失敗の対処方法

どんなに真面目に仕事をしていても、仕事に失敗はつきものです。 取り返しのつく失敗ならば、ひたす...

利益を計算するためには原価計算をお忘れなく!

商売の基本は利益です。 これがなければ企業は存続することはできません。 そのため多くの企...

風邪で発熱、38度を超えたら?会社を休まずに出来る自分ケア

風邪で発熱して38度になったら、できれば会社を休みたい、いや休むべきですが、状況がそれを許さないとい...

働いている女性のみなさん、今の仕事って楽しいですか??

医者、看護師、保育士、美容師、教師、弁護士、事務員、デザイナーなど、世界中には、さまざまな仕事があり...

《緊急事態》腹痛と下痢で辛い時、みんな仕事はどうしているのか

よし、これから仕事!という時に限って急な腹痛に襲われる・・・そんな経験ありませんか? ただの腹...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、ことあるごとに何か問題が起きると、高い給料を...

仕事でミスばかり、もう私はこの仕事を辞めるべき?

仕事にミスはつきものです。 新入社員の間はミスしても、みな大目に見てくれますが、これがいつまで...

バイト先でミスを連発しているあなた ミスは減らせます

誰でもミスをしたくてやっているわけではありません。 しかし、ミスをなくそうという気が先走ると結...

発達障害の社員への仕事の教え方を大解説

もしかしたら発達障害ではないかを疑いのある社員があなたの部署にいたらどうしますか? 何度言って...

人生の失敗談や目標を聞かれたら… ESの効果的な書き方とは!

ES(エントリーシート)の設問によく挙がるのが「人生の失敗談」や「今後の目標」といったものです。しか...

作業療法士と理学療法士 それぞれの需要は高い?それとも…

作業療法士と理学療法士、どちらも主にリハビリテーションに関する専門家であり、国家資格を必要とする職業...

男性は仕事で抱えている悩みを誰に相談すれば良いの?

お喋りが大好きな女性は仕事の悩を誰かに相談することも多いでしょう。 では、男性の場合はどうでし...

正社員を辞めたくなった…退職までの期間にするべきことは?

会社を退職しようかな・・・そう考える瞬間は誰でも1度はあると思います。 実際に退職を決意するま...

スポンサーリンク

突然、会社で経理に配属された!? 全くの初心者はどうすればいい?

それまでは他の業務に就いていたのに、、突然の辞令で会社の経理を任されてしまった…。

ということは、珍しいことではありません。

大きな企業でない限り、今いる社員で社内の仕事を切り盛りするのは当然だからです。

ただ、任命されたほうとしては、不安ばかりが先立ってしまうのも、同じく当然のこと。

それほど経理の仕事は専門性が高い業務と言えますし、何より会社のお金を直に扱う、という重圧もあります。

しかし、苦手だからと逃げていても仕事は進みません。

それに逆に考えれば、経理業務の経験があることは、自分のスキルや価値を高めることに繋がります。

将来、他の会社に転職する場合にも(経理としてではなくても)、この経験は強力な武器になります。

また、経理を任されたということは、自分が今会社において信頼されている証です。

これをチャンスと捉え、経理の仕事を自分のものにしましょう。

では、実際、経理はどんな業務を行うのかから見ていきましょう。

経理とは、会社における生命線を握る重要なポジション

まず、経理の基本的な業務は、大きく分けて以下の3種類になります。

  • 出納業務…現金や預金の取り扱い(調達、支払い、受け取り、残高管理)といった、会社のお金を直に扱う業務
  • 会計業務…決算書の作成や、会社の行った取引で発生したお金について、帳簿に記載し管理する業務
  • 付随業務…その他に付随する、税金申告などの業務
  • これらの業務を行う頻度により”日次業務”、”月次業務”、”年次業務”と切り分けます。

    日次業務は、現金の出納管理から、伝票の起票・整理、受注・出荷集計など、日毎に行うものです。

    月次業務は、社員の給与の計算・支給、源泉所得税・社会保険料の納付、取引会社への請求・支払いといった月毎の業務が含まれます。

    そして会社にとって大切な決算、税務申告、年末調整、開示資料の作成などが、年に一度行う年次業務となります。

    この業務内容を見ると、単に経理=お金の管理者ではないことが分かります。

    そして、同時に身に付けるべきスキルの方向性が見が見えてきます。

    経理初心者が、第一に身につけたいスキルは何?

    経理として身につけたいスキルは、やはり、お金に関する知識です。

    そこで、経理初心者が勉強すべきこととして第一に挙げられるのが「簿記」です。

    簿記とは一言で言えば「お金の計算をして帳簿につける知識・技術」です。

    最初から経理部署に狙って入社するような人であれば、簿記1級、2級といった上の級を取るのを目標にするのでしょうが、そこは急に配属されたような初心者の場合、まずは3級を目指しましょう。

    簿記の3級は簡単だ、小学生でも取れる、とプレッシャーを煽る言葉を聞くかもしれませんが、実のところ、日商簿記3級に合格に必要な勉強時間は50〜100時間程度、と言われています。

    そして、3級ならば独学でも問題なく合格できるとされています。

    まさに経理初心者向けにうってつけな、分かりやすい解説書も数多く出版されていますし、インターネット上でも多くの解説サイトをやコミュニティを見つけることができます。

    慣れない業務に加えて勉強まで!?と思うかもしれませんが、実際に簿記3級を取らなくても、解説本を読むだけでも、日頃の業務への理解度は大きく変わります。

    是非、スキマ時間を利用して、知識を身につけましょう。

    経理初心者は特にスケジュールを意識して!

    どんな職種でもスケジュールは重要ですが、経理業務に就いている人は特に、日次・月次の業務を忘れず実行する必要があります。

    最悪な話、銀行が閉まる時間を1分遅れただけで、その月の会社の収支が0になってしまった!という事態を引き起こすことだってあるからです。

    そんな忙しい日々の中で、1年に1回だからと忘れがちになる年次業務には特に注意しましょう。

    例えば、年度初めの4月には、新入社員に関する業務が発生します。

    社員1人が加わるだけでも、厚生年金から健康保険、雇用保険といった保険関係に、備品の発注、銀行支払の準備…と、仕事が山積みになります。

    その他にも、賞与関係の処理が発生する6月や、新しい保険料の適用が始まる9月、そして経理にとって一番ハードな12月の年末調整など、ほぼ毎月何かしら年次業務があります。

    幸いなことに、これらは下準備が可能であるものが多くあります。

    早め早めに下準備を行い、余裕を持ってこうした業務に取り組めるようにしましょう。

    経理初心者は、ポジティブに仕事に向きあおう

    経理職に求められる資質というものはあるのでしょうか?
    一般的に言えば、経理に向いているのは”勤勉な人”、”責任感が強い人”、”注意深い人”、”几帳面な人”、”記憶力が優れている人”だとされています。

    会社の大切なお金を扱うのですから、こうした面が重宝されるのは当然のことでしょう。

    ただ、資質のあるなしで、自分が経理に向いていない、と自分で決めつけるのは間違いです。

    まず第一に、会社のお金を扱う部門に配属されたということは、あなたは絶対の信用を受けていると言い換えられます。

    人手不足でやむを得なかった、という理由だったとしても、信用出来ない人と思われていたら、確実に任されられない業務が経理なのです。

    経理業務というものは、多くの責任を背負う立場です。

    ただ、しっかりと業務をこなして自分の力に出来れば、これほど強い武器はありません。

    経理の経験があるだけで、上記のような資質を持っていると評価されます。

    何より、自分自身の将来的な選択肢を広げるチャンスであると捉え、前向きに取り組むことが重要です。

     - 仕事に関する雑学