気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

今からできる節約術!貧乏でもゆとりある生活をする方法

2016.4.14

今現在貧乏で困っている人もいると思いますが、今は特にお金に困っていない人でも、様々な理由により貧乏生活を送ることになってしまう可能性があります。

そんな事態に陥ってしまったら、色々と工夫をしてなんとか貧乏生活から脱出したいと考えることでしょう。

そこで今回は貧乏でもゆとりある生活をするための節約術を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

エアコンで結露する仕組みが理解できればその原因もわかる

夏にエアコンを入れると結露することがあります。 それはなぜでしょうか? 結露のもとは水蒸...

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

賃貸でもお部屋をお洒落にできる?天井や壁紙のDIY!

お洒落な部屋に住みたい!でも賃貸なので無理。。。とあきらめていませんか? 賃貸でもDYIで部屋...

祖母の葬式に行けないのは、常識的におかしいか考える

あなたの祖母が亡くなって、どうしても葬式に行けない事はあるでしょう。 でも祖母の葬式には常識的...

貧乏な家に子供が多いのは事実?視点を変えると事実も変わる

貧乏な家庭ほど子供は多いという説があります。 ことわざにもなったこの言葉は事実なのか?偏見なの...

賃貸と分譲のマンションに対する損得の考え方

よく賃貸と分譲のマンションはどちらが得でどちらが損なのか、という議論を聞くことがありますが、実際はど...

NHKの集金は夜遅くに来る?夜間の集金で反感を買う理由とは

NHKの支払いは誰もが支払い義務があるということで、契約をした家庭はもちろんですが、契約していない家...

手取り15万の一人暮らしではどのくらいの家賃が適正か解説

手取り15万の一人暮らしでは固定費をできるだけ安くしたいのですが、どのくらいの家賃が相場なのか気にな...

35歳で貯金が500万は少ない?30代からでもお金が貯まる方法

35歳で貯金が500万というのは多いの?少ないの? 意外に仲の良い友達どうしてでも、お互い貯金...

夏のモテコーデとは?チノパンを使いこなして暑い夏を快適に

夏のデート。コーディネイトで悩んだことありませんか? 日々スーツを着ている男性は、それだけでデ...

大学生になる人が、不安を感じる一人暮らしの実態について

大学に行くにあたって、期待が上回る人がいれば、不安が上回る人もいます。 まして、一人暮らしとな...

朝起きるとのどに痛み!原因は風邪でなくて「乾燥」

朝起きるとのどが痛い、なんて経験ありますよね。 風邪を引いたかな?なんて風邪薬を飲む前に、他の...

頑張れ節約生活!貯蓄をして住宅ローンの早期返済を目指そう

節約は何のため?目的が無くては節約できません。 貯蓄は何のため?貯めた金額は使わなければただの...

男が一人暮らしで食事をする際、考える事

男が一人暮らしとなると、やはり心配なのは食事事情でしょう。 外食は確かに便利ですが、お金がかか...

イライラを抑える為に音楽を活用しよう!場面で見る音楽チョイス

日常生活にストレスはつきもの。発散させる時間もお金も無い?そんな時、”音楽”はイライラを抑...

スポンサーリンク

貧乏だからこそゆとりある生活が大事

人は誰でも貧乏になれば気持ちが焦り心にゆとりを持つのは難しくなることでしょう。

特に、今まではある程度裕福に生活できていたのにもかかわらず、様々な理由により突然貧乏になってしまったという人は、絶望感から何も考えることができなくなってしまっているかもしれません。

しかし、まだ人生が終わってしまったわけではありません。

今は貧乏生活だとしても、上手に節約をしてチャンスを逃さずつかんでいけるように準備をしていけば、いずれは貧乏から脱出することも夢ではありません。

しかし、そのチャンスをものにするためには焦ってばかりいてはいけません。

焦りは視野を狭くして判断ミスや失敗を招き、余計に状況が悪くなってしまう可能性が高まります。

こんな時だからこそ心に余裕を持ち、ゆとりある生活を目指すことが大切なのです。

まずは一回深呼吸をして、ゆっくりと自分の今の状況を見つめなおしてみましょう。

そして、限られた収入や時間の中で、どうすれば生活にゆとりを持つことができるのを考えていきましょう。

節約に必要な金銭感覚

貧乏生活から脱出するためにはいろいろなことにかかるお金の節約が必要になります。

貧乏になる前はお金の価値をあまり考えずにあればあるだけ使っていたという人は、今までのような生活を続けることはできないわけですから、自分の金銭感覚を見つめなおし、お金の大切さを理解しなくてはいけません。

お金の大切さや重みは貧乏生活の中で養っていくことができます。

ここで苦労しながらも、様々なアイデアで節約をしてやりくりをすることは、今の生活を助けるだけではなく、必ず将来の自分の役に立つ貴重な経験となります。

貧乏である自分に悲観するのではなく、この経験を未来の自分に生かせるようにするためにも、金銭感覚が鋭くなうように磨くチャンスだと思って前を向いて頑張りましょう。

そこで、金銭感覚を磨きながらゆとりある生活を手に入れるための節約術を身につけましょう。

それにはまず、貧乏生活を送る中でチャンスをつかむためにも、節約をする時の心構えから考えていく必要があります。

節約をして生活するときの心構え

節約というと、削れるものを探して少しでも支出を少なくすることだと考える人も少なくないはずです。

確かにそれが節約の意味としては正しいといえますが、それだけではとにかく我慢をしてお金を使わないように努力をした結果でしかなく、豊かな生活を手に入れることも、現状から脱却することも難しいでしょう。

貧乏ながらも今の生活を維持するだけならそれでもかまいませんが、どうせなら貧乏生活から脱出したいですよね?

その為に、節約することそのものを目的とするのではなく、節約することで余裕ができた分をどのように使って未来に役立てていくかを考えることが重要なのです。

これは、みなさんの普段の生活に当てはめてみればわかりやすいと思います。

「欲しい物がある」から「出費を抑えてお金を貯める」ことで目的の物を手に入れることができるわけです。

貧乏生活から脱出するための節約もこれと同じことです。

ゆとりある生活を手に入れるために、節約して貯めたお金をいかに上手に使うことができるかを意識して、チャンスをものにできるようにしましょう。

節約を成功させるコツ

貧乏生活の中での節約の心構えが理解できたところで、実際にどのような節約をすることがいいのかを紹介していきたいと思います。

節約といわれてまず最初に思い浮かべるのが水道光熱費だという人も多いと思います。

確かに普段から電気やガス、水道をなるべく無駄に使わないようにして生活することは、節約をするうえで大切です。

しかし、それだけではどんなに節約したとしても高い効果を期待することはできません。

そうなると、やはり日常生活の中から不要なものを削っていく必要があるわけですが、いきなりすべての物を削ろうとしてもなかなかうまくはいきません。

そこでおすすめしたいのが、まず最初にひとつのものをきれいさっぱりやめてしまうことです。

賃貸であれば車を手放すだけでも毎月の駐車場代やガソリンなどの整備費が浮きます。

また、外食をやめて自炊に切り替えることでかなりの食費を抑えることも可能です。

普段から新しいもの好きで浪費癖がある人は情報収集することをやめるのも効果的です。

このように、自分が無駄に浪費しているものを突き止めてやめてしまい、その生活が当たり前にできるようになったら次の段階へ進むようにすれば、無理なく節約を成功させることができるでしょう。

貧乏生活には自治体の有効活用がカギ

自分でできる節約術のほかにも、貧乏生活の中で役立つものがあります。

それは自分が住んでいる自治体がおこなっている制度や手当を有効活用することです。

子供がいる家庭であれば児童手当を受け取ることができますが、父子家庭や母子家庭のようにひとり親の場合は児童扶養手当や児童育成手当を受け取ることも可能です。

ただし、児童扶養手当や児童育成手当はそれぞれ受給するための制限が設けられているので注意が必要です。

また、両親はそろっているものの、子供が精神や身体に何らかの障害を持っている場合は特別児童扶養手当を受給することもできますが、こちらも受給するための所得制限が設けられているので、事前に自治体に確認する必要があります。

そして、様々な事情により生活をするために必要な最低限の生活費を稼ぐことすら難しい状況に陥ってしまった場合は生活保護を利用することを考えるのもいいと思います。

しかし、あくまでも生活保護は自治体の助けを借りて自立するための支援だということを忘れないようにしましょう。

 - 暮らしに関する雑学