気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

人種における顔の特徴についての考察

2016.5.2

2020年には東京オリンピックが開催されます。

世界各国から日本へ観光客や、オリンピック関係者が訪れます。

さて、人種や顔を見て、どこの国の人か分かりますか?正直中々難問です。

ここでは、人種ごとの顔に特徴があるか否かにつて考察します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

足の踏み場もない部屋!掃除をするならどこから手を付けるべきか

忙しさのあまり、ついつい掃除は後回し。そうして気がつけば、足の踏み場もないほど荒れた部屋だった…。も...

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所や電話番号を使って調べることはできるので...

祖母の葬式に行けないのは、常識的におかしいか考える

あなたの祖母が亡くなって、どうしても葬式に行けない事はあるでしょう。 でも祖母の葬式には常識的...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考えている女性は多いようです。 一人...

アパートの退去費用はいくら?5年以上住んでいる場合で解説

アパートに長く住み続けてから引っ越しをする時に、退去費用として敷金から引かれる費用があります。 ...

結婚式に親族として出席するけど、ご祝儀の相場って?

結婚式に招待されて、楽しみな反面憂鬱な事もあります。 親族といっても、関係性は色々です。 ...

お風呂場の排水溝のつまり 家にあるもので安全に解消!

裸で利用する場所だから、清潔さを保ちたいお風呂場。 ただ、どんなに掃除していても、どうしても発...

貧乏な家に子供が多いのは事実?視点を変えると事実も変わる

貧乏な家庭ほど子供は多いという説があります。 ことわざにもなったこの言葉は事実なのか?偏見なの...

政府が増税したがる理由 これが財務省の考えだ!

増税を好きな国民はいません。 しかし、政府は増税が大好きです。 民主党の野田政権も公約違...

アパートにありがちな騒音問題 深夜の騒音への対処法は?

アパートやマンションといった集合住宅に住む上で、特に問題になりやすい深夜の騒音問題と言えるのではない...

砂壁にカビ発生!除去する方法・発生させないために出来ることは

他の壁材と異なり、砂壁にカビが生えてしまった場合、これを除去するのは非常に困難だと言えます。擦れば砂...

海外から見た日本文化の不思議 外国人はここに驚く

日本に住み、その文化に馴染んでいれば気がつかないことでも、海外からやってきた外国人にとっては驚きの連...

部屋の掃除をどこからすれば良いか悩んでいる人へ

あなたのお部屋はいわゆる「汚部屋」ではありませんか? でもある日そんな「汚部屋」から脱出を図り...

大学生になる人が、不安を感じる一人暮らしの実態について

大学に行くにあたって、期待が上回る人がいれば、不安が上回る人もいます。 まして、一人暮らしとな...

スポンサーリンク

顔の特徴から、人種の特定は可能か?

街を歩いていて、日本人以外「外国人」と一括して認識していますが、実際外国という国はありません。

でも島国日本にとって、日本以外の国の人と接触する機会が、他国のように国が接していないので、何人はよくわからないのが実情です。

とはいえ、中国や韓国は隣国ということもあり、なんとなく「中国人かな?」「韓国人かな?」とわかる程度でしょう。

顔の特徴といっても、個人差があります。

日本人がみな同じ顔をしていないように、どこの国の人も双子や兄弟でなければ、同じ顔ではないはずです。

その中から我々は、何を見て、顔の特徴から人種を特定しているのでしょうか?
それは記憶です。

記憶の中で、見たことのある国の人間をインプットしていて、その共通点を脳が覚えているのです。

その国の人と接する機会があれば、あるほどサンプル数が更えて、国の特定が可能になります。

逆を言えば、接する事の少ない国や、その国の人と会った事がなければ、サンプル数が足りないので、顔を見てもどこの国の人か分かりません。

それぞれの人種の顔の特徴から識別について

アジア人に言わせると「欧米人はみんな同じに見える」し、欧米人に言わせると「アジア人はみんな同じに見える」それはそうです。

前述したとおり、お互いにサンプル数が足りないからです。

特に日本人は島国ということもあり、中国、韓国あたりはともかく、ベトナム、タイ、インドあたりになると、顔から人種や国はほとんど特定できないでしょう。

ヨーロッパは基本地続きなので、昔から他国との交流が活発です。

そしてヨーロッパ人から見れば、アメリカ人など一目瞭然なのでしょうが、アジア人にしてみると、どこを見て判断しているのはさっぱり分かりません。

ただ、人種や国の特定は、顔だけではありません。

やはり一番大きな要素は「言語」でしょう。

見た目以上に、その人の情報を伝えてくれます。

その国の言葉の内容がわからなくても、聞いたことのある言語であれば、特定は可能です。

そして名前、これはその人が所属している国の文化が現れているので、知識があれば国や人種の特定は可能です。

ただ最近の日本のキラキラネームは、ある意味文化の極北と言えます。

日本人が聞いても日本人か分かりません。

人種とは?民族とは?

さて「人種」というカテゴリですが、学問的には諸説あります。

一般的なのは、「コーカソイド」「ネグロイド」「モンゴロイド」「オーストラロイド」の4つの人種となります。

ちなみに中東やインド大陸のカテゴリはコーカソイドとなります。

肌の色で区別する仕方もあったのですが、今はそのカテゴリは不正確で意味がないため、学問的にはほとんど使われていないそうです。

前述した欧米、アジアというのは現時点での地域名を冠している名称は、厳密には人種ではなく民族となるようです。

この民族のカテゴリと人種のカテゴリは一致する部分と一致しない部分があるから複雑です。

人種や民族というのは、その人自身を理解するうえで助けにもなりますが、人を見ずに、人種や民族の特徴のみを注目すると、場合によっては、人種差別を助長する危険性を秘めています。

ナチスは「優生学」などから学問的裏付けがあるという事で、障碍者やユダヤ人の大量虐殺を行った歴史があります。

それぞれの国の顔の特徴のイメージについて

例えばフィリピン人は目がぱっちりして美人が多いというイメージがあります。

一説によると長らくスペインの植民地であったため、スペイン人とフィリピン人の混血が進んで、鼻が高い、まつげが長いなどの特徴がみられるようです。

アジアでは同じく美人が多いといわれる国がインドです。

小顔で彫りが深く、二重でまぶたで目がぱっちり、どちらかというと濃い顔が多いイメージです。

また、肉感的というかぽっちゃりタイプの子が好かれる傾向があるそうです。

アメリカなどは人種のるつぼと言われているだけあり、あらゆる特徴の民族や人種がそろっていますので、特徴とひとくくりにするのは難しいです。

白人というカテゴリで説明すると、背が高く、足が長く、彫りが深い、鼻が高いなどの特徴があります。

また、若いころはスタイルがよく、年齢とともに体重が増加する人が多いそうです。

ちなみに、白人の中で一番美しい人間が多い国はスウェーデンと言われています。

人種の特徴などイメージが及ぼす影響に対する考察

人種や国に対するイメージというのは、その人の行動や考えたなどを理解する助けになりますが、場合によっては偏見を生みます。

今あちこちで人種差別が起こっていますが、争っている人々同士は面識のない人同士です。

ただ、別のカテゴリの人だからという理由で、相手を憎んだり、嫌ったりしているのです。

カテゴリわけすると、人はそのものを理解した気になりますが、実際は「木を見て森を見ず」という事です。

人種差別の反対語は、「交流」です。

イメージや特徴にとらわれず、その人自身と交流すれば、その人がどういう人か分かるでしょう。

多くの場合、宗教や肌の色、生活、考え方は違いますが、同じ人間です。

それ以上でもそれ以下でもありません。

世界に蔓延っている人種差別は、理解した気になった人達の思い込みです。

人間同士ですから、相性もあり、愛し合えば憎しみあうこともあります。

しかし、面識のない人をただそのカテゴリに所属するというだけで、「嫌い」「憎む」というのは何か間違っていませんか?

私たちが知っている人種や民族、宗教というカテゴリは理解を妨げる壁ではないはずです。

 - 暮らしに関する雑学