キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

一人暮らしで食事がめんどくさいと思った時の解決策

2016.5.2

一人暮らしの人にとって、食事はめんどくさい家事の最大の物でしょう。

そのうえ、体重やお財布、健康を犠牲にすれば代替手段がたくさんあるので、一番手が抜きやすいものでもあります。

でも何故食事がめんどくさいと思うのか、その理由について考えてみましょう。

一人暮らし当初の食事事情

親元から離れて一人暮らし。

さみしいと思う反面、解放感を覚える人も少なくないのではないでしょうか?そうすると、まずは一人暮らしグッツの購入から始めたくなりますね。

家具はもちろん、かわいいインテリア雑貨、そして調理器具や食器です。

特に調理器具や食器などは、実家暮らしですと基本親のテイストです。

自分の食器をいくらかわいくしても、他の食器は、親が選んだ、もしくはどこかでもらったものだと興ざめだったと考えていませんでしたか?だから、ものすごく張り切って買っちゃいますよね。

今や100円ショップでもかわいい食器はたくさんあります。

リーズナブルでかわいくそろえる事なんて簡単です。

調理器具もそう。

かわいいお鍋やフライパン、雑誌で見たことのあるおしゃれな商品を揃えてみたいと思うのは当然です。

調味料だって凝りたくなりますよね。

実家では、塩、コショウ、砂糖、お酢、醤油ぐらいだけど、スパイスやハーブなんて揃えて、毎日頑張って料理しようなんて張り切って、とりあえず目につくものを購入しませんでしたか?それが間違いのもとなのです。

一人暮らしの食事がめんどくさいと思う理由

初めから頑張りすぎるのが原因です。

実家で食事を作っていた人などは別ですが、そうでない場合は、はっきり言えば初心者です。

経験と言えば、家庭科の調理実習やキャンプ程度という事が多いのではないでしょうか?
そういう人が手順の多い料理を作れば、時間はかかるし、料理本を見ても、書いてある用語の意味が分からないしという事であっという間に嫌になってしまいます。

小学生に高校生の微分積分を説明したら、混乱しますよね。

人によっては「算数がこんなに難しいなら自分には無理だ」と算数や数学を勉強することすら諦めてしまうかもしれません。

まずは、簡単な事から始めましょう。

野菜を切る、肉を切る、魚を切る、食材をゆでる、炒めるあたりをマスターしましょう。

だから精々3工程ぐらいでできる料理から始めるのがオススメです。

調味料は、基本、塩、コショウ、そして油があれば何とかなります。

手順を少なくすることがめんどくささをなくす早道です。

一人暮らしで食事を作るのはめんどくさいから…

一番悪いのは食事を抜くことです。

確かに人によっては、食事の優先順位が低い人もいるでしょう。

食事を作る時間以上に、食事を買いに行くのも、食べに行くのもめんどくさいと、休日になると食事をとらない、一日一食なんて人もいるそうです。

ご本人も意識している通り、そんな食生活、体に良い訳はありません。

まずは食事を楽しむ事から始めましょう。

食事は栄養摂取だけが理由ではありません。

食べる喜びというのはあるはずです。

例えばおいしいものを食べると脳には、幸せを感じるホルモンが出るといわれています。

食事をとって幸せになれれば、いいですよね。

食事の優先順位が低い人は、ちょっとお行儀が悪いですが、好きな事と食事を同時並行にしてもいいですよね。

例えば、テレビで映画見ながら食事とか、本やマンガを食べながら食事とか、ゲームをしながら食事とか。

ゲームをしながらは、少し難しいかもしれませんね。

とにかく大切なのは食事を楽しむという事です。

食事を作るのをめんどくさいと思わないために

食事を作るという行為は、手を抜けばどこまでも手が抜けて、凝ろうと思えば、どこまでも凝れることができます。

一人暮らしの場合、基本食べるのは自分です。

だから、どこまでもクリエイティブになれることができます。

例えば、この素材にこれを加えれば、最高においしいと思うものは誰もこっそり持っています。

ただ、ちょっと人にはオススメしにくいそんな秘密のメニューを作るのもとても楽しい事です。

見た目は悪くても味最高!とか、カフェ飯みたいにおしゃれじゃないけど、この食べ物はこの食べ方がベストとか。

とても人に振る舞えない、人前で食べれないそんな自分メニューは一人暮らしだから作れるものです。

昔から、ご飯にバターと醤油は正義とか、マヨネーズかけると最高とか、そういうメニューありますよね。

いわゆるスボラ飯というやつです。

もちろん栄養のことも考えなくてはいけませんが、それでもこういう自分の大好きな簡単お手軽おいしいメニューを思いつくというのはとても楽しいことです。

一人暮らしの食事を楽しもう!

食事は人の生活でとても、大切な行為です。

そして簡単に人を幸せにすることができます。

食事を楽しむことが大切です。

他にしたい事がたくさんあっても、食事をめんどくさいと思わずにキチンと取りましょう。

咎める人もいないので、多少お行儀が悪くてもいいです。

いわゆるながら食べでもいいので、食事はぜひ3食取りましょう。

さて、食事を作るのがめんどくさいと思っている人は、無理な料理に取り組んでいませんか?おしゃれなカフェ飯にあこがれても、作るのが大変というのもたくさんあります。

はじめのうちは工程の少ない料理からはじめてみましょう。

そして、見た目はどうでも、簡単で美味しければ正義という人は、ズボラ飯のように自分の好きな物を、好きな食べ方で食べてみましょう。

どんな組み合わせでもOKです。

誰も見ていません。

そうです、何がいいって一人暮らしの気軽さはここにあります。

是非一人暮らしを満喫して、楽しい食事タイムを過ごしてください。

 - 暮らしに関する雑学