気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

スポーツジムに女性が着ていく服はこれがベスト!

2015.10.16

近年の健康ブームを反映して、スポーツジムに通う女性が増えてきました。

あなたの周りにもそういう女性は多いでしょう。

でも、スポーツジムにはどんな服を着ていけば良いのか迷っている人も多いでしょう。

今回は、そんな彼女たちにおすすめの服を紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供に野球をやらせるには何歳がベスト?野球の適正年齢とは

ついこの間までは泣くことしかできなかった我が子が、次々と出来るようになることが増えていき、様々なこと...

野球の試合中に選手がマウンドに集まるのはなぜなのか

テレビの野球中継を見ていると、試合の途中で選手たちがマウンドに集まる光景をよく目にします。 彼...

筋トレは毎日やっても無意味!これが正しい筋トレの方法

筋肉を鍛えようと毎日トレーニングをしている人が多くいます。 しかし、これは無意味なことです。 ...

器具を使わない太ももの筋肉の鍛え方を紹介します

太ももの筋肉を鍛えれば、男性はたくましい体に、女性は引き締まった体になります。 でも、スポーツ...

スポーツをするのならA型とB型のどちらが向いてるの?

日本人はなぜか血液型占いが大好きです。 関連書籍も多数出版されベストセラーになる本も少なくあり...

陸上短距離選手のためのトレーニング こうすれば早く走れる!

陸上の短距離選手には何よりスピードが求められます。 そのためには、まず体をつくることが必要です...

女子がハマっている腹筋パンチは効果があるの?

有名女優がドラマの中で腹筋パンチをしているシーンが映し出され、ブームに火がつきました。 そのた...

陸上の短距離では走り方を変えれば速く走れるようになる!

スポーツ全般にいえることですが、正しいフォームを身に付ければ上手くなれます。 特に、陸上の短距...

カナヅチ卒業!水泳初心者の為の段階別クロールの練習方法

泳げるようになりたいと思いながらも練習方法が分からないせいでどうしていいか悩んでいる人もいると思いま...

陸上の200m走の練習方法 こうすればスピードに乗れる!

陸上の200mは100mに比べて2倍の距離を走ることになります。 そのため、持久力が必要となっ...

中学の部活でバドミントンを始める子に必要なものと購入時期

中学で部活を始める子多いですよね。 意外とお金がかかる部活動ですが、バドミントンの場合、あまり...

スポンサーリンク

スポーツジムに着て行くおすすめ服【有酸素運動の場合】

スポーツジムに通おうとするとき、多くの人はどんな服を着て行けば良いのか迷うことでしょう。

そのジムでオリエンテーションを受け時には、おそらく「動きやすい服」とだけ言われるでしょう。

スポーツジムでは多くのプログラムが実施されています。あなたはどのプログラムに参考しようと思っていますか。

着て行く服装はそのプログラムに合わせれば良いのです。

まず、有酸素運動から見ていくことにしましょう。

ウォーキングや自転車がこれに当たります。

有酸素運動は一般的なプログランに比べて長時間行うことになるでしょう。

そうでないと効果が表れないないからです。

そのため、多くの汗をかくことにもなるでしょう。

そこでおすすめしたいのは、半袖のTシャツに、同じくハーフパンツです。

ジムのなかは冷房が効いているといっても長時間有酸素運動を行うと体に熱がこもってしまいます。

これなら、その熱を外に発散してくれるでしょう。

また、素材は汗をかいてもすぐに乾くポリエステルがおすすめです。

綿の素材よりも丈夫で長持ちします。

スポーツジムに着て行くおすすめ服【マシントレーニングの場合】

次は、マシントレーニングです。

以前は男性の専売特許のようだったマシントレーニングですが、最近は女性でもこのトレーニングを行う人が増えてきました。

ムキムキの筋肉をつけるのではなく、ある程度の筋肉をつけようという人です。

そうすれば、基礎代謝があがりダイエットの効果的だということが広く知られたからでしょう。

基本的に、先に説明した有酸素運動と同じ服装で大丈夫でしょう。

ただし、スポーツをするためにかなり本格的に筋肉を鍛えようとするのなら話は別です。

最近は便利な物が増えてきました。

その一つが、コンプレッションウェアです。

このウェアは体にピッタリとフィットするように作られており、筋肉に圧力がかかるようになっています。

そのため、筋肉の無駄な動きを抑えて筋肉疲労を防ぐことができます。

普通の服装では物足りないと思っている人は、一度検討されてみてはどうでしょうか。

これをスポーツジムに着て行けば、周りの視線を一身に浴びることにもなるかもしれませんね。

スポーツジムに着て行くおすすめ服【スタジオプログラムの場合】

次は、スタジオプログラムです。

ひと口にスタジオプログラムといっても、スポーツジムによっては多くのプログラムが揃っているでしょう。

一番多いのが、エアロビクス。

次に多いのがヨガ。

その他にも、ストレッチなどがあるでしょう。

もちろん、それらに合わせて服を変えなければプログラムに参加できないということはありません。

しかし、せっかくプログラムに参加するのなら、それなりの服を選びたいものです。

そうすれば気分も高まって、スポーツジムに通うのが楽しくなるでしょう。

例えば、ヨガ用のレディースキャミソールというのもあります。

もし気になるようでしたら、ネットで探すのも良いでしょう。

ここまではウェアについて見てきましたが、シューズも重要になってきます。

先ほど紹介したウェアなどはネット通販で購入してもさほど問題は起こらないでしょう。

しかし、シューズは違います。

シーズを購入するときは実際に店舗に足を運び試着をして自分の足に合った靴を選びましょう。

そうでなければ、後で後悔することにもなるでしょう。

スポーツジムで女性向けの服 おすすコーディネイトはこれだ

ここまでは、参加するプログラムに合わせた服装選びを紹介してきました。

でも、女性ならスポーツジムでもおしゃれをしたいと考えるもの。

ここからは、そんな彼女たちにおすすめのコーディネイトを紹介しましょう。

おすすめは、スポーツブランドのウェアです。

どんなウェアを着て行けば良いのか迷ったときには、スポーツブランドの店に行ってはどうでしょうか。

専門店だけあった、品揃えやデザインは豊富です。

また、これだけではなく機能性にすぐれた商品も豊富に揃っています。

ナイキ、アディダスなど有名ブランドであっても価格は手頃です。

次はコーディネイト。

最初のうちは、Tシャツとハーフパンツ、それにシューズを揃えれば十分でしょう。

寒くなる季節にはTシャツの上にパーカーなどを着ると良いでしょう。

Tシャツは半袖の物を選ぶようにしましょう。

汗をたくさんかくからです。

ハーフパンツで足の露出が気になるという人はスポーツ用のサポートタイツを着用すると良いでしょう。

シューズは、先に説明したように足に合ったものを履くようにしましょう。

女性の服装のここだけは注意しよう

最後に注意点を述べておきましょう。

それは、スポーツジムで運動するときは、必ずスポーツブラを着用することです。

通常のブラでは駄目です。

なぜなら、通常のブラはスポーツジムで運動するときのような振動は想定されていないからです。

もし、通常のブラをつけて運動すると、その振動がバストに大きな負担となり胸の垂れや形が崩れる原因にもなります。

また、多くの女性が気にしている下着の着替え。

スポーツする時はスポーツブラに替えているのでしょうか?

ちなみに、ある調査では3割の人が替えると答えています。

まとめ

初心者は、自分が参加しようとするプログラムに服を合わせるようにしたら良いでしょう。

そうすれば、自分だけ周りから浮くということもなくなります。

そして、ある程度上達してきたら、スポーツブランドなどのウェアを自分の好みに合うようにコーディネートすれば良いでしょう。

ただし、シューズはデザインではなく自分の足に合ったものを選ぶようにしましょう。

お洒落をして楽しく運動をしましょう。

 - スポーツに関する雑学