気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

まぶたの乾燥は二重の大敵!美しい二重を手に入れるために

2016.5.12

女子にとってぱっちりした目は憧れの的です。

しかし、まぶたが乾燥していては、憧れの二重まぶたを作る事が出来ません。

まずはきちんとしたケアを心がける事が大切です。

その上で、美しい二重まぶたを手に入れましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

美容院のカラーにかかる時間は、どのくらいか知りたい人へ

美容院に予約をしても、終わりが判らなくて予定が入れられないなんてことありませんか? カラーって...

顔の皮膚の厚みはある方がいいの?皮膚の厚さと美肌の関係

「面の皮が厚い」というのは、実際に顔の皮膚の厚みがあるという事ではありません。 「厚かましい」...

以外に簡単!脇のリンパマッサージ方法について

脇にはリンパが集まっています。 よくマッサージに行って、脇をマッサージされて悲鳴を上げたことは...

顔の肌はどのくらいで再生するの?ターンオーバーについて

「リセット装置があればいいのに‥」と考えたことありませんか? 残念ながら人生のリセット装置はあ...

絆創膏でアイプチに!?奥二重の方必見!

奥二重でお悩みの方ってたくさんいるんです。 ぱっちりとしたキレイな二重に誰もが憧れますよね。 ...

頭が乾燥している?フケの取り方とフケ対策についてご紹介します

毎日しっかりと頭を洗っているのに、フケで悩んでいる人もいるかもしれませんが、フケは間違った...

綺麗に仕上がるパーマとカラーの順番はこれ!

パーマと一緒にカラーライングをしたいとき、同時にして良いものなのでしょうか? それとも、同時に...

小顔になるためのリンパマッサージは自分でもできます

女性なら誰でも憧れる小顔。 そんな小顔になるために、多くの人はエステ等に通っているでしょう。 ...

朝なのに体重が減らない!そんな人への痩せる体の作り方

ダイエットの基本は体重を測る事。その結果に一喜一憂している女子がたくさんいるはずです。 一般的...

スポンサーリンク

まぶたが乾燥しても二重になりません

二重まぶたを阻むのは「むくみ」「脂肪」です。

泣きすぎたり、飲みすぎたりして、水分を取りすぎたりすると目が腫れぼったくなった時ありませんか?その時鏡をみると普段二重の人も、一重っぽく見えることがあると思います。

また、日本人に一重が多いのは、人種的北方系で寒さから目を守るために、脂肪がついたせいとも言われています。

つまり肌がむくんでいたり脂肪がついたりしていると二重になりにくいのです。

またまぶたに跡が付いた方が二重になりやすいので、乾燥させれば、跡が付きやすいかなと考える人もいますが、残念ですが、二重まぶたを阻む第三の敵は「乾燥」なのです。

乾燥してカサカサした皮膚では、アイメイクはもちろん、アイテープやメザイクなどの二重まぶたを簡単にできるツールも使う事が出来ませんよね。

またそれだけではありません。

乾燥はしわやたるみの原因にもなるのです。

かわいくなりたい、キレイになりたいと頑張ったのに、それが結果と結びつかないのは残念ですよね。

まぶたが乾燥する原因とは?

まぶたが乾燥する原因はいくつかあります。

その前にまぶたは顔の中で一番デリケートな部分という事を理解しましょう。

皮膚の薄さは、頬の1/3だそうです。

つまり、同じ行為をしても頬にかかる刺激の3倍近くが、まぶたにかかると考えていいでしょう。

さて、原因のひとつはメイクにあると言われています。

特にアイメイクは化粧でもかなり力の入る部分。

それだけ刺激が他の部分よりも強く掛かっているのです。

そして、その化粧を落とすには、それだけ強いクレンジングが必要です。

つまり、化粧で刺激を受け、それを落とすのにさらに刺激を受けなくてはいけないので、まぶたには大変な負担になっています。

そして、すべての女性の敵である「紫外線」も大敵です。

ただでさえ、日焼け止めを塗らないと、肌がダメージを受けるというのに、まぶたや目元は顔の中でも中々日焼け止めが塗りにくい場所です。

それでいてダメージが他よりも多く受けるのですから、きちんとケアする必要があるのです。

まぶたの乾燥にはきちんとケアが必要

まぶたが乾燥する原因はお分かりいただいたと思います。

ここでは、そのケアについてご説明したいと思います。

まず原因のひとつであるアイメイクですが、メイクを止めれば一番ですが、そういう訳にも行きませんよね。

そうすると使っている化粧品について考えるべきです。

最近はプチプラでも、かなり発色がよかったり、使い勝手のいいアイテムがたくさんあります。

でも肌に対して優しいかについては疑問の残る商品もあります。

少し値段が高くても肌に刺激の少ない化粧品に切り替えましょう。

合わせてクレンジングについても考え直す必要があります。

濃いアイメイクにはそれだけ洗浄力の高いものが必要ですが、それがまぶたを痛めつけているのです。

やはり洗浄力よりも肌に優しい成分にものに切り替えて、洗顔方法も力いっぱい擦るのではなく、優しくなでるようなやり方とりましょう。

さて最後は紫外線対策です。

まぶたを含めた目の周りとなると、どうしても日焼け止めをあまり塗らない人が多いのではありませんか?そういう人はUVカットのサングランスなどをかけるようにしましょう。

美しい二重まぶたにする方法-まずはケアから始めましょう

乾燥ケアが終わったら今度は二重まぶたにするケアをはじめましょう。

二重まぶたを阻むものは「むくみ」「脂肪」「乾燥」です。

まずはマッサージから。

前述したとおりまぶたの皮膚は薄いので、注意しましょう。

まぶたの骨が落ち込んでいる箇所を中心に骨に沿って、優しく指を動かします。

蒸しタオルなどで血行をよくするのもいい手段です。

温かいタオルを5分、冷たいタオルを1分、これが1セットで、2〜3セット行うと血行がよくなるので「むくみ」対策となります。

そして、まぶたを鍛えることによって、「脂肪」対策となります。

まずは、目を瞑りましょう。

それも力を込めてぎゅっとする事がポイントです。

5秒間続けたら、今度は大きく見開きましょう。

これも同じく5秒。

そのときは正面を向いてください。

正面の後は、また目をつぶって、それから大きく目を開けて、上を見ます。

同じように視線を下や右、左と続けます。

そして最後は8の字をかくように目を回しましょう。

これをあともう1回同じことをはじめからやります。

美しい二重まぶたにする方法-簡単、便利なグッズを利用

二重まぶたにするには美容整形という方法がありますが、これはお金もかかるし、手術というハードルがあります。

でも最近は簡単で、便利なグッズがたくさんあるので、ここではその幾つかをご紹介します。

まずは人気の高い「アイテープ」です。

透明なテープをスティックを使ってまぶたに張って、二重まぶたを作れます。

慣れない間は少し苦労しますが、なれると結構自然に作れるのと、いつの間にかテープをしなくても二重になったという人もいるそうです。

次は、テープの代わりに細いファイバーを利用する「メザイク」です。

こちらの方が「アイテープ」よりも自然な出来上がりになると評判。

ただし、力が弱いので、どちらかというと二重だけど判りにくい二重タイプの人や奥二重タイプの人におすすめです。

粘着部分がノリの部分の物が「アイプチ」です。

ちなみにかなり強い一重の人は、この「アイプチ」と「メザイク」を併用すると、かなりの二重さんになれるそうです。

さて如何でしたでしょうか?

二重の大敵は「むくみ」「脂肪」「乾燥」です。

きちんとケアして、ご説明した方法で美しい二重を作ることができます。

是非お試しください。

 - 美容に関する雑学