気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

まぶたの「できもの」脂肪のような塊の正体と対処方法

2016.5.13

まぶたなどの目の周辺にできた「できもの」というのは仮に痛くなくても、やはり気になるもの。

なぜなら顔で目というのは一番目立つところだからです。

その目周辺に脂肪の塊のようなものあれば気になりますよね。

悩んでいる女性たちへその解決方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鎖骨のリンパを押すと痛いのは何故?そんな疑問を解決します

鎖骨はリンパマッサージでも、心臓へと至る最終ポイントのために重要な箇所です。 ここを押すと痛い...

盲腸の手術は開腹せず腹腔鏡を使ってできる場合があります

盲腸が炎症をおこす虫垂炎は放っておけば体全身に症状が広がる怖い病気です。 でも、安心してくださ...

No Image

あなたはアスペルガー症候群?アスペを診断できる問題

アスペルガー症候群は、知的障害や言葉の遅延のため、なかなか気づかないまま大人になている人もいます。 ...

膀胱炎で血尿!?真っ赤な尿が出た原因と対処法

女性がかかりやすい病気としても知られている膀胱炎ですが、中には血尿を伴う場合もあるということはご存知...

子どもが吐き気や下痢の場合、食事に関する注意点

子どもはよく病気になりがちです。 それは成長過程だから仕方ないと。 でも吐き気があったり...

No Image

食後に寝るのは胃痛の原因?食後の適切な過ごし方

食後に寝るのはいい事?悪い事?諸説ありますよね。 よく言われる「食べてすぐ寝れば牛になる」とい...

BCGの接種跡、反応がない時や早くに起きたらどうすべきか

結核菌への感染および発症を防ぐためのBCGワクチンですが、他のワクチンと異なり、接種した跡の観察がと...

血圧の変動が激しい人の4つの原因とその対策

血圧というのは一日の間にも変動があるので、決して一定ではありません。 しかし、その範囲を超えて...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎症を鎮める効果があります。 しかし、最...

MRIと他の検査との違いと検査結果が出るまでの日数

病院で検査を受ける事になった方はもちろん、そんな経験がない方でもMRIやCTといった言葉は一度は聴い...

お酒を毎日飲む量が多いと危険な理由と休肝日の重要性

お酒好きな人にとって仕事終わりにお酒を飲むことが楽しみな人も多く、つい毎日のお酒の量も多くなってしま...

タバコの副流煙は悪影響が多い!咳が止まらない原因と対処法

タバコを吸わない人にとって、副流煙による悪影響は計り知れませんが、副流煙によって咳が止まらなくなって...

熱で病院に行く時何科に行くべき?病院受診のススメ

熱が出たけど、風邪なのか理由がよく判らない。 だからどの病院の何科に行けばいいか判らないという...

うつ病の家族がいて「しんどい」と思った時に試す3つの方法

うつ病は本人がとてもつらい病気です。 しかし、それを受け入れている家族だって「しんどい」思いを...

BCGワクチンって何のため? 翌日から跡が腫れたら要注意

BCGの予防接種は、毎年結核感染者が報告されている日本で暮らし・育つ以上、とても重要なワクチンです。...

スポンサーリンク

まぶたにできた脂肪の「できもの」の正体とは?

あなたが気にしているまぶたのなどにできた脂肪の「できもの」は、どんな形状でしょか?

もしかして、直径1〜2mm程度の小さな白い粒みたいなものではありませんか?

この症状は稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)といいます。

正体は角質です。

毛穴が皮脂によって塞がれており、ニキビのようなものです。

実際これが炎症をおこしてニキビになるわけです。

数年かけて溜まった角質の塊が、押し出されて皮膚の薄い場所に目立つようになったわけです。

痛みやかゆみもないため、放っておいても体に影響はありませんが、やはり見た目は良くないので気にする人が多いようです。

中の白いものを、この袋状のところから出してしまえば元に戻りますが、何度も繰り返すので、常に白い粒が目の周りにある人も。

稗粒腫が出来る原因については専門的な研究がなされていないので、はっきりしませんが体質によるものという説が根強いようです。

女性や子供によくみられます。

まぶたにできた脂肪のような「できもの」の対処方法

前述したように、この白い角質の塊を外に出してしまえば、キレイは肌に戻ります。

針やピンセントでこの白い角質の塊が入った袋を破けばいいので、自分でもできます。

ただしそのピンセントや針でつついた後が炎症を起こす可能性もありますし、またできる部位がまぶたや目の周辺などなので、万一目などにさしてしまうと大変なので、病院で施術してもらった方がいいでしょう。

かかる病院は皮膚科や整形外科などになります。

通常であれば保険の中での治療となりますが、レーザーなど利用した場合は、「美容的な治療」と見なされることがありますので、その場合は保険の適用外となります。

治療の際には保険が適用可能かどうか、適用外の場合はいくらかかるかをきちんと確認しておきましょう。

でないとびっくりする金額を性急されることになります。

きちんと治療方法についても確認したほうがいいでしょう。

ピンセットや針などを使った治療であれば、時間的には、その「できもの」の数にもよりますが、ものの数分で終わることが多いようです。

まぶたにできた脂肪のような「できもの」の予防方法

さて稗粒腫の治療自体は可能ですが、原因が体質だとしたら何度でも繰り返す可能性があります。

そのたびに病院に行くのは、時間的にも経済的にも負担が発生します。

ならば予防をして、できるだけ発生を防いだ方がいいでしょう。

稗粒腫は毛穴が詰まるのが直接の原因です。

ならばできるだけ毛穴を詰めないでいるのが大事です。

まずは一番手軽な蒸しタオルで、目の周辺を温めるようにしましょう。

そして肌のケアとしてターンオーバーを促す基礎化粧品を利用しましょう。

また毛穴を詰まらせないように、化粧をきちんと落とす必要があります。

洗顔は丁寧に時間をかけて。

慌ててやると落とし残しが出てしまいます。

また、あまり洗顔料の成分が強いものは、肌の負担になりますので、成分は天然成分のものがオススメです。

冷たい水は肌の引き締め効果よりも、肌の負担が大きいのでぬるま湯で洗いましょう。

また、洗顔料はこするのでなくなでるような形で利用したほうがいいでしょう。

稗粒腫が出来なくなる体質になるために

稗粒腫の元々の原因は体質あると言われています。

という事は体質改善も必要です。

といっても体質の改善と言っても何をしていいかわからないと思います。

まずは、食生活を見直してみましょう。

やはり美しい肌は、きちんとした食生活によって作られます。

ジャンクフードや油ものが多い人は、野菜や魚も併せて食べるようにしましょう。

ダイエットなどで食生活が片寄りがちな人も注意が必要です。

例えば炭水化物断ちや脂断ち、肉断ちというのも、やはり問題の多い内容です。

それぞれ量を気を付けてバランスよく食べる必要があります。

そのためには、食事ノートなどをつけると、食事の片寄りに気が付くことができてお勧めです。

また合わせて「ヨクイニン」という漢方薬がいいと言われています。

どこかで聞いたことがあるともいます。

それはそうです。

これはハト麦の多く含まれている成分です。

CMで聞いたことがあるのではないでしょうか?「ヨクイニン」というのは体内の余計なものを排出してくれる効果があります。

ハト麦茶を飲んでも良いですし、この「ヨクイニン」自体は粉末で販売されているので、こちらを規定量飲んでも効果があります。

まぶたの脂肪の「できもの」問題を解決

如何でしたでしょうか?やはり突然できる「できもの」というのは、それが目のあたりであれば余計気になるものです。

この「できもの」の正体は恐らく稗粒腫と思われます。

この稗粒腫は特に命にかかわるものでもありません。

だからそのままでも体に何の影響もありませんが、やはり顔の「できもの」は見た目に影響があるので、治したいと思う人は多いでしょう。

自分でもできますが、病院などで治療してもらった方が、跡とか残らないし安全でお勧めです。

しかし、レーザーなどの治療の場合保険の適用外になる事があるので、どういう治療方法で、いくらかかるのか事前に確認しておきましょう。

また予防も大切です。

体質が原因と言われているので、体質改善を心がけましょう。

まずは、食生活の見直しです。

片寄った食生活をしている人は特に注意が必要です。

ハト麦に含まれている「ヨクイニン」は美肌効果があり、体内の余計なものを排出してくれるので体質改善にはうってつけです。

是非美しい肌を手に入れてください。

 - 健康に関する雑学