気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

とうもろこしの食べ方は?食事中の正しいマナー

2015.10.16

口に物が入っているのに話していたり、脚を組んで肘をつきながら食べたり、マナーの悪い人と食事をするとせっかくの美味しいご飯も台無しになってしまいますよね?

食事の時間を有意義なものにするためにも、マナーは大切です。

しかし、中にはどうやって食べる事が正しいマナーなのかわからないようなものもあります。

そこで今回は食事中の正しいマナーととうもろこしの食べ方について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お酒に強い、弱いがありますが、その線引きはどこから?

お酒に強い人、弱い人がいます。 それぞれが自分の経験からその旨、自己申告しているだけで、実際に...

夕飯のメニューに加えたい おすすめの魚料理

2013年に和食が世界無形文化遺産に登録されました。 このことによって世界中で和食ブームが訪れ...

調味料の上手な保存方法〜粉を長持ちさせたい〜

なかなか1回では使い切らない小麦粉や片栗粉。最近は密閉できる包装も増えてきましたが、主流はまだまだ紙...

ブロッコリーの黄色に花は食べれる?捨てる前の活用レシピ

ブロッコリーをしばらく放置しておくと、緑の粒々の部分が黄色の花のようになってしまった事ありませんか?...

寿司の食べ方で、寿司を倒すのは正しい?

寿司は日本を代表する料理です。 でも食べ方って知っていますか? 手で食べるべき、それとも...

《これってマナー違反?》サングリア、果物の残りは食べるべきか

ここ数年で一気に知名度の高まったワインカクテル・サングリア。 ワインの中に色とりどりの果物が入...

海苔は消化に悪いって本当?栄養たっぷりの海苔の秘密

海苔は消化に悪いというイメージが何故かあります。 だから食べ過ぎないように小さい頃に親から注意...

カレーは2日目がおいしいって言うけど保存期間は?

カレーは一気にたくさん作った方が楽ですよね。 ただ気になるのは保存期間。 2日目がおいし...

説明されても理解できない人でもわかる泡盛と焼酎の違い

お酒の詳しい人に「泡盛と焼酎の違いって?」と聞くと、突然「甲類」「乙類」「仕込み方法が〜」と専門用語...

今更人に聞けない!ご飯を蒸らす意味とその方法

よく「ご飯は蒸らす」と美味しくなる言いますが、その意味が判らないなんて事ありませんか? そして...

スポンサーリンク

そもそもマナーとは

マナーとは行儀作法の事です。

守らないと罰則があったりするルールとは違い、ひとりひとりが相手への思いやりを持って気持ちよく過ごすための立ち居振る舞い、それがマナーです。

周りの事なんか気にしないで好き勝手に生きていく事もできますが、それでは行く先々で問題を起こしてしまう可能性もあります。

そそうやってお互いが不快な気持ちにならなくても良いようにするためにマナーがあるのです。

マナーはビジネスマナーや公共マナーなど、日常の様々なシーンで求められます。

そんな数多くのマナーの中に、テーブルマナーというものがあります。

これは、食事で同席する相手が気持ちよくご飯を食べる事ができるようにする為の、相手に対しての気遣いです。

どんなに仕事ができる人間でも、テーブルマナーが悪いとそれだけで相手に与える印象はかなり悪くなってしまいます。

どんなに素敵な異性でも、テーブルマナーが悪かったりしたらそれだけで次のデートはなくなってしまう可能性が大きいです。

そうならない為にも、テーブルマナーをを意識して食事をするように心がけましょう。

食事のマナーの基本

テーブルマナーとは食事でのマナーの事です。

食文化によってさまざまなマナーがありますが、共通しているのはその料理を作ってくれた人への感謝の気持ちを持ち、一緒に食事をしている者同士が美味しくご飯を食べられるようにするためのものです。

食事ごとにマナーの事を気にする事ももちろん大切ですが、まずは食べることそのものに対するマナーができていなければ、元も子もありません。

相手に不快な思いをさせずに楽しく美味しい食事をするためにも、基本マナーからチェックしてみましょう。

・口に食べ物が入っている時は喋らない。
・食事中に席を立たない。
・クチャクチャと音をたてて食事をしない。
・脚を組んだりだらしなく座って食事をしない。
・肘をついて食事をしない。
・口にたくさん食べ物を詰め込んだり、飲み物で流し込んだりしない。

これらの事は最低限のマナーです。友人や恋人との食事で無意識にやっていたら、相手に不快な思いをさせているかもしれません。

思い当たることが1つでもあるなら、今日から意識して直すようにしましょう。

とうもろこしにかぶりつく食べ方はマナー違反?

お祭りの屋台や洋食などで食べる機会があるとうもろこしですが、どうやって食べるのが正しいのか悩んだことがある人も多いと思います。

周りの人に聞いても、手で一粒ずつもぎとって食べるという人もいれば、そのまま豪快にかぶりつく人、中にはナイフを使って芯からそぎ落としてスプーンですくって食べるという人もいて、いったい何が正しくて何がマナー違反なのかわからないですよね。

一見すると、とうもろこしにそのままかぶりつくのはなんとなく下品な感じがしてマナー違反のような気がしてしまいがちですが、実はとうもろこしを両手で持ってそのままかぶりつくことはマナー違反ではないのです。

一粒ずつ指でもいで食べたり、ナイフやスプーンを使って食べるのも良いですが、それでは本来のとうもろこしの美味しさを味わうことはできません。

とうもろこしは、そのまま手で持ってかぶりついて食べるのが一番美味しく食べる事ができるのです。

ですから、とうもろこしを食べる時は、マナー違反なんじゃないかと心配したりしないで、安心して堂々とかぶりついて食べてしまいましょう。

とうもろこしの上手な食べ方

とうもろこしにかぶりつくことはマナー違反ではないということは理解していただけたことと思います。

では、実際にどうやってかぶりつけば下品に見えないかが気になりますよね?

とうもろこしにかぶりついて食べる時は、上の歯ではなく下の歯を使って食べるのが綺麗に食べるコツです。

どうしても上の歯を使って上から下にかじる方がイメージはしやすいと思うのですが、それだととうもろこしの粒をうまくかじり取ることができません。

そこで、とうもろこしを上から下に回転させるようにしながら、下の歯を使って粒を上にこそぎ取るようにして食べれば綺麗に食べる事ができます。

また、とうもろこしを食べ進める際は、綺麗に横一列に粒が並んでいるところから食べ始め、一列ずつ食べていくようにすると食べやすいです。

こうやってとうもろこしの粒を芯からこそぎとるようにして食べていけば、粒が歯につまるなんていうこともほとんど可能性がなくなります。

しかし、どうしても歯につまってしまって困るという時は、トイレなどに行って歯間ブラシでささっと取ってしまうのが良いでしょう。

そのままかぶりつくのが嫌な人は

いくらとうもろこしにそのままかぶりつくのがマナー違反ではないと分かったとしても、やはりそうやって食べるのはちょっと躊躇してしまうという人も中に入るでしょう。

そんな時は手を使って上手に粒を芯からもぎ取っていくしかありません。

ですが、一粒ずつもぎ取っていくのは時間がかかって大変ですよね。

そこで、少しでも食べやすくする方法を伝授したいと思います。

やり方は、先ほどのかぶりつく方法と同じようになるべくまっすぐに並んでいる列を見つけましょう。

そしたらその列と隣の列の2列だけ、一粒ずつ根元までしっかりともぎ取って食べていきましょう。

これで準備完成です。

あとはとうもろこしをしっかりと片手で握り、もぎ取った列の隣の列に親指をあてて、そのまま横に押し倒します。

そうすると粒が綺麗に芯から外れてくれます。

こうすれば、かぶりついて口周りを汚す心配もありません。

もし、手でとうもろこしを握るのが嫌でしたら、両手でとうもろこしの両端を押さえるように持ち、両手の親指で前に押し出すようにすれば、手の汚れる範囲も少なくてすみますよ。

 - 食に関する雑学